鉄フライパンのおすすめ6選!選び方やお手入れ方法も

鉄フライパンのおすすめ6選!選び方やお手入れ方法も

鉄フライパンは、日々のお料理からキャンプでの利用まで、幅広いシーンで活躍する調理器具です。鉄製のため重量がある鉄フライパンが多いですが、比較的軽いタイプやお手入れがしやすいタイプ、IHに使用できるタイプなど様々な種類があります。そこで今回は、鉄フライパンの選び方やお手入れの仕方、おすすめの鉄フライパンをご紹介します。

鉄フライパンのメリット

高温調理が可能

高温調理が可能

熱伝導性の高い鉄フライパンはすぐに熱くなるため、高温での調理が可能です。一気に熱を加えることで、素材の旨味が活きた美味しい料理を作ることができます。

丈夫で傷に強い

鉄フライパンは非常に丈夫であることもメリットの1つです。傷がつきにくいため、食材を炒めたりかき回したりするときも気を遣わずに扱えます。普通のフライパンは加工が剥がれたりした場合買い替えますが、鉄フライパンはお手入れをしっかりすれば、10年20年と使えます。長く愛用できることが鉄フライパンの魅力です。

鉄フライパンのデメリット

焦げ付きやすい

鉄フライパンはフッ素樹脂などの加工がされていないため、熱が表面に伝わりやすいことが特徴です。そのため、火加減によっては材料を焦げ付かせてしまう場合があります。対処法としては、表面加工されたフライパンを使うときより少し火を弱めることや、油をなじませるためのお手入れをしっかり行うことなどがあげられます。

お手入れが面倒

丈夫な鉄フライパンですが、長く使うためにはしっかりお手入れをしなければなりません。このお手入れが面倒だと感じることもあります。表面加工などがされたフライパンとは少し取扱いが異なり、慣れるまでは手間だと思うかもしれませんが、お手入れ自体は難しい作業ではないため、習慣化してしまえばそこまでの面倒さはなくなるでしょう。

鉄フライパンの選び方

重さで選ぶ

重さで選ぶ

鉄フライパンはほかのフライパンに比べて重量があります。同サイズで比較すると1.5倍から2倍近く重いものもあります。フライパンは使用頻度の高い調理器具であるため、扱いやすい重さであることも選ぶ際の大切なポイントです。フライパンをあおったり、調理中持ち上げることが多い方は、片手で持てるくらいの重さのものを選ぶと良いでしょう。

サイズで選ぶ

鉄フライパンはサイズ選びも重要です。小さ過ぎると一気に調理ができず、大き過ぎると扱いにくく、また台所のスペースを圧迫し邪魔になります。サイズ選びのポイントは、料理を食べる最大人数分の調理が一気にできるくらいの大きさを選ぶことです。サイズのバリエーションは豊富にあるので、ぴったりなサイズを探してみましょう。

IH対応しているか

IH対応しているか

IH調理器を使っている場合は、鉄フライパンもIH対応している必要があります。IH対応はかなり一般的な機能になってきましたが、ガス火でしか使用できないタイプも多くあります。購入した後、使っている調理器のタイプと合わなかったということにならないよう、しっかりチェックしておきましょう。

さびにくい加工がされているか

鉄はさびやすい金属です。しっかりお手入れをすればさびを防ぐことはできますが、心配なようであればさびに強い特殊加工などが施されているタイプを選びましょう。

取っ手の素材で選ぶ

取っ手の素材で選ぶ

鉄フライパンは取っ手のバリエーションがあります。木製や樹脂製の取っ手は鉄フライパンの熱が伝わりにくいため、気軽に扱うことができますが、繋ぎ目部分がもろくなりやすいというデメリットがあります。鉄製は丈夫ですが、熱伝導が高く、熱くなりやすいので、長い取っ手など持ちやすい加工がされているタイプが良いでしょう。ステンレス製の取っ手は熱くなりにくく強度もあり、バランスが良いです。

デザインで選ぶ

毎日の調理を楽しくするためには、調理器具のデザインも大切です。鉄フライパンはおしゃれなデザインのものも多いため、見た目にこだわって選ぶのも良いでしょう。おしゃれなデザインの鉄フライパンなら、できあがった料理をお皿に移さず、そのまま食卓にのせても素敵です。

鉄のフライパンのお手入れ方法

コーディングを除去する「焼き込み」

コーディングを除去する「焼き込み」

鉄フライパンは使い始める前に、直火で鉄フライパンを熱する焼き込みという作業が必要です。この作業を行うことによって、出荷時フライパンがさびないよう施されている表面のコーティングが除去できます。残っていても人体には問題のないコーティングですが、コーティングを除去することで油なじみが良くなるため、調理をしやすくするためにはやはり必要な作業です。なお、IH調理器では焼き込み作業は行えないので、焼き込み不要のタイプを選ぶと良いでしょう。

油をなじませる「油ならし」「油返し」

油をなじませる「油ならし」「油返し」

鉄フライパンでスムーズに美味しい料理を作るには、フライパンによく油がなじんでいる必要があります。そこで、使い始める前に油ならしという作業を行います。温めた鉄フライパンに、フライパン容量の3分の1ほどの油を入れ、5~10分ほど加熱し、油をポットに戻します。キッチンペーパーなどでフライパン全体に油をなじませれば完成です。また、使い始めて1ヶ月ほど経つまでは、調理の前に毎回油返しの作業を行いましょう。方法は油ならしとほぼ同様で、温めた鉄フライパンにお玉1杯分ほどの油を入れ、全体になじませながら5~10分加熱したら、油をポットに戻します。

お湯だけで洗浄する

鉄フライパンは使い終わって洗う際、食器用洗剤を使いません。食器用洗剤を使ってしまうと、せっかくフライパンになじんできた油が全て洗い流されてしまいます。洗うときは金たわしなどを使いながら、お湯だけで洗い流しましょう。

鉄フライパンのおすすめ6選

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

鉄製のフライパンです。重量があり、充分に加熱してから使用する、洗浄後は火にかけて水分を飛ばすなど使い方にコツが必要ですが、肉や目玉焼きがおいしく焼けて、炒め物もおいしく仕上がります。取っ手との継ぎ目がないので、汚れが溜まらず洗いやすいです。

この商品の特徴

鉄製のフライパンです。重量があり、充分に加熱してから使用する、洗浄後は火にかけて水分を飛ばすなど使い方にコツが必要ですが、肉や目玉焼きがおいしく焼けて、炒め物もおいしく仕上がります。取っ手との継ぎ目がないので、汚れが溜まらず洗いやすいです。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

鉄製のフライパンです。プロの料理人の使用者が多いといわれる鉄製フライパンは、食材に素早く熱を加えるため、シャキッとした食感に仕上げることができます。また、熱に強く、丈夫で長持ちします。この製品は、さびやすいという鉄製フライパンの弱点を、特殊(窒化)熱処理することでクリアしています。

この商品の特徴

鉄製のフライパンです。プロの料理人の使用者が多いといわれる鉄製フライパンは、食材に素早く熱を加えるため、シャキッとした食感に仕上げることができます。また、熱に強く、丈夫で長持ちします。この製品は、さびやすいという鉄製フライパンの弱点を、特殊(窒化)熱処理することでクリアしています。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

ガス火はもちろん、IH調理器にも対応している鉄製フライパンです。厚底でつくられており、食材に均一に火が通って、長年使用しても変形しません。調理面は多孔質なので、使用を重ねるごとに油のなじみが良くなります。直径16cmの小さめサイズです。

この商品の特徴

ガス火はもちろん、IH調理器にも対応している鉄製フライパンです。厚底でつくられており、食材に均一に火が通って、長年使用しても変形しません。調理面は多孔質なので、使用を重ねるごとに油のなじみが良くなります。直径16cmの小さめサイズです。

出典:www.muji.net

この商品の特徴

ナチュラルなフライパンです。無印良品なのでデザインはとてもシンプルです。女性でも持ちやすく扱いしやすい商品です。大きさも何にでも対応できる26センチなので炒め物をはじめ、焼き物、パンケーキなどのお料理も気軽にできます。また少々厚みがあるのでちょっとした煮込み料理もできます。万能なフライパンといっても過言ではありません。

この商品の特徴

ナチュラルなフライパンです。無印良品なのでデザインはとてもシンプルです。女性でも持ちやすく扱いしやすい商品です。大きさも何にでも対応できる26センチなので炒め物をはじめ、焼き物、パンケーキなどのお料理も気軽にできます。また少々厚みがあるのでちょっとした煮込み料理もできます。万能なフライパンといっても過言ではありません。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

マグマプレートでできているので加熱開始から短時間で温度がアップして、時短の料理におすすめです。フライパンそのものの重量も軽いため、扱いやすい商品です。凹凸の表面加工が施されているため、油馴染みがよく、使っていくほどに焦げ付きにくくなる仕組みです。

この商品の特徴

マグマプレートでできているので加熱開始から短時間で温度がアップして、時短の料理におすすめです。フライパンそのものの重量も軽いため、扱いやすい商品です。凹凸の表面加工が施されているため、油馴染みがよく、使っていくほどに焦げ付きにくくなる仕組みです。

この商品の特徴

鉄製のフライパンです。熱の伝導性が高く高温で調理できるので、餃子やハンバーグなどの焼き料理を、おいしく仕上げられるのが特徴です。使うたびに油が馴染んでいくので、焦げつきやこびりつきを気にせず使えます。1つのフライパンを長く使いたい方におすすめです。

この商品の特徴

鉄製のフライパンです。熱の伝導性が高く高温で調理できるので、餃子やハンバーグなどの焼き料理を、おいしく仕上げられるのが特徴です。使うたびに油が馴染んでいくので、焦げつきやこびりつきを気にせず使えます。1つのフライパンを長く使いたい方におすすめです。

他のフライパンも知りたい!

フライパンには鉄製のほかにも、様々な素材や機能性のタイプがあります。ほかの種類のフライパンを比較したいという方には、フライパンの選び方や主なメーカー、注目の商品などを紹介している次の記事がおすすめです。ぜひフライパン探しの参考にしてみてください。

鉄フライパンのおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー