サンドバッグのおすすめ4選!自立タイプやパンチングボールも

サンドバッグのおすすめ4選!自立タイプやパンチングボールも

サンドバッグは、ボクシングや空手などのエクササイズに役立つアイテムです。天井から吊り下げるタイプや、スタンドタイプ、子どもでも使える自立式など、様々な種類が販売されています。重さがあるタイプなら本格的なトレーニングに使用でき、長さのあるタイプならローキックの練習にも役立ちます。今回は、サンドバッグの種類や選び方と、おすすめ商品を紹介します。

アイキャッチ画像出典:Amazon.co.jp

サンドバッグの種類

本格的な吊り下げタイプ

本格的な吊り下げタイプ

出典:Amazon.co.jp

吊り下げタイプのサンドバッグは、天井のハリや鉄骨などから、ロープやくさりで吊り下げて使用します。本格的なトレーニングに適していますが、サンドバッグの重量が増すほど天井への負担が大きくなるので、使用場所が限られます。吊り下げ式なので、強い打撃やキックでも倒れる心配がなく、あらゆる角度からのトレーニングが可能です。

コンパクトに吊り下げられるスタンドタイプ

コンパクトに吊り下げられるスタンドタイプ

出典:Amazon.co.jp

スタンドタイプのサンドバッグは、サンドバッグを天井ではなくスタンドに吊り下げて使用します。スペースさえ確保できれば好きな場所に設置できます。天井にサンドバッグが吊り下げられない方におすすめです。ただし、スタンドにサンドバッグを吊り下げるため、スタンド分の広めのスペースが必要になることと、一定方向からしかトレーニングができないなどのデメリットもあります。

シンプルで手軽な自立タイプ

シンプルで手軽な自立タイプ

出典:Amazon.co.jp

自立タイプのサンドバッグは、天井の形状を問わず、スペースさえあれば好きな場所で使用できます。スリムな形状なので、広い設置スペースも必要ありません。ただし、安定性を考慮して土台は大きめにつくられているので、吊り下げ式よりは広いスペースが必要となります。本格的なトレーニング用だけではなく、フィットネスやストレス解消にぴったりのエアーサンドバッグも販売されています。

サンドバッグの選び方

素材で選ぶ

耐久性に優れた本革製

耐久性に優れた本革製

出典:Amazon.co.jp

サンドバッグの外側に本革を使用した商品は、耐久性に優れており長期間使えることが特徴です。縫製に使用する糸も丈夫なものが使われており、重量がかかる下部には補強ベルトが付けられた商品もあります。格闘技での本格的なトレーニングを行いたい方におすすめです。価格は高価ですが、ひとつのサンドバッグを長く使いたい方や、ハードにトレーニングしたい方に向いています。

手入れがしやすい合皮製

手入れがしやすい合皮製

出典:Amazon.co.jp

合皮製のサンドバッグの魅力は、比較的低価格で購入できることです。合皮の中でも高級レザーを使用した商品もあり、耐久性も認められています。また、汚れたり、汗が付いたりしても、水拭きができるので手入れも簡単です。素材自体の耐久性は本革製に劣りますが、まずは手ごろな価格でサンドバッグを手に入れたい方におすすめです。

長さで選ぶ

長さで選ぶ

サンドバッグには様々なサイズの商品があります。打撃トレーニングだけではなく、キックトレーニングを行う場合は、長めのサイズを選ぶと良いでしょう。

バネの力を利用したパンチングボールも

バネの力を利用したパンチングボールも

出典:Amazon.co.jp

打撃練習だけではなく、リズム感や反射神経も鍛えたい場合は、パンチングボールの使用がおすすめです。パンチングボールの動きをとらえることで、動体視力や、スピードを身に着けることができます。

サンドバッグのおすすめ4選

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値16,000円(税込)

この商品の特徴

全長160cm、有効範囲98cmの自立式サンドバッグです。大型サイズで有効範囲も広いので、打撃トレーニングはもちろんキックなどの下半身のトレーニングにも活用できます。土台に砂利などを入れて本体を差し込むだけなので、女性でも簡単に利用できます。砂利以外にも水も使用できますが、水漏れや臭い対策のために凝固剤との併用がおすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

全長160cm、有効範囲98cmの自立式サンドバッグです。大型サイズで有効範囲も広いので、打撃トレーニングはもちろんキックなどの下半身のトレーニングにも活用できます。土台に砂利などを入れて本体を差し込むだけなので、女性でも簡単に利用できます。砂利以外にも水も使用できますが、水漏れや臭い対策のために凝固剤との併用がおすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値27,280円(税込)

この商品の特徴

長年の研究と改良を重ねてつくられた、自立式のサンドバッグです。打撃感覚が人体に近づくよう、徹底的にこだわってつくられました。全長180cmと大きめですが、土台部分はw60φ×H28cmに加え90kgと重たいので、安定感があり転倒の心配はありません。外側は高級合皮レザーを使用し、打撃部分の中身は多重構造ウレタンを採用しています。プロの格闘家も認める商品です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

長年の研究と改良を重ねてつくられた、自立式のサンドバッグです。打撃感覚が人体に近づくよう、徹底的にこだわってつくられました。全長180cmと大きめですが、土台部分はw60φ×H28cmに加え90kgと重たいので、安定感があり転倒の心配はありません。外側は高級合皮レザーを使用し、打撃部分の中身は多重構造ウレタンを採用しています。プロの格闘家も認める商品です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値5,280円(税込)

この商品の特徴

フィットネスやストレス解消にぴったりの、自立式エアーサンドバッグです。生地を厚くすることで空気漏れを防ぎ、土台タンク内の水分を特殊な粉末でジェル化させることで水漏れの心配を解消しました。サイズはH140cm×40φで、土台タンクの容量は30Lです。本格的なトレーニングや格闘技には使用できません。ライトコンタクト用のサンドバッグを求める方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

フィットネスやストレス解消にぴったりの、自立式エアーサンドバッグです。生地を厚くすることで空気漏れを防ぎ、土台タンク内の水分を特殊な粉末でジェル化させることで水漏れの心配を解消しました。サイズはH140cm×40φで、土台タンクの容量は30Lです。本格的なトレーニングや格闘技には使用できません。ライトコンタクト用のサンドバッグを求める方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値1,650円(税込)

この商品の特徴

リズミカルなパンチトレーニングに役立つ、パンチングボールです。ボールの動きを見切ることで、動体視力と反射神経を養うことができます。上部は紐で、下部はゴムで取り付けます。付属品として、パンチングボールを膨らませるポンプ(空気入れ)と、取り付け用のゴム、ゴム紐が付いています。パンチングトレーニングも同時に行いたい方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

リズミカルなパンチトレーニングに役立つ、パンチングボールです。ボールの動きを見切ることで、動体視力と反射神経を養うことができます。上部は紐で、下部はゴムで取り付けます。付属品として、パンチングボールを膨らませるポンプ(空気入れ)と、取り付け用のゴム、ゴム紐が付いています。パンチングトレーニングも同時に行いたい方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

自宅で簡単にできるフィットネスグッズもチェック

トレーニングしたいけどジムに通う時間がないという方にも、自宅で手軽にできるフィットネスグッズがあります。筋トレグッズやトレーニングチューブの選び方やおすすめ商品を紹介しています。ぜひチェックしてみてください。

サンドバッグのおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー