トリュフ塩のおすすめ10選!リゾットやオムレツに

トリュフ塩とは、トリュフの香りが楽しめる調味料です。フランス料理のような難しいレシピは必要なく、ふりかけるだけで高級ホテルのような味を演出できます。リゾットなどご飯ものから肉、魚、卵など幅広く使えます。今回は、白、黒トリュフの色の違いや岩塩など塩の種類、無香料かどうかなど、トリュフ塩の選び方、イオンなどスーパーでは購入できないディーンアンドデルーカなどのおすすめ人気商品をご紹介します。

自宅で高級ホテルの味を楽しみたい

高級フレンチやイタリアンのレストランで食べるような味が、お家で再現できたら嬉しいですよね。しかし、色々と食材をそろえたり、下ごしらえが大変だったりと、なかなかハードルが高いものです。そんなときにおすすめなのが「トリュフ塩」です。料理の腕に自信がなくても、トリュフ塩をふりかけるだけでトリュフの香りがただよい、まるで高級ホテルのような贅沢な気分が味わえます。

トリュフ塩とは

出典:Amazon

トリュフ塩とは名前の通り、トリュフと塩を合わせた調味料のことです。高級食材であるトリュフが入っているため、少々価格が高くなりますが、芳醇な香りがたまらず、普段のお料理をグッとおいしくすることが可能です。煮込み料理など味が複雑な料理に使うというよりは、シンプルな料理に振りかけて使うことが多いです。例えば、ステーキやオムレツ、パスタの上に振りかけてトリュフの香りを楽しむといったイメージです。

トリュフ塩の選び方

トリュフの種類で選ぶ

トリュフは大きく分けると黒トリュフと白トリュフの2種類に分けられます。もっと細かく言えば、トリュフ自体の種類は何十種類にも及びますが、トリュフ塩を選ぶうえでは、黒トリュフか白トリュフの2択で選んで問題ないでしょう。

加熱した料理に向いている「黒トリュフ」

出典:Amazon

黒トリュフは、強い香りが特徴です。「トリュフ」と聞くと、ほとんどの方がこの黒いトリュフを思い浮かべると思います。主にフランスで採れるトリュフです。黒トリュフ自体が、加熱して調理するのに適しているため、黒トリュフのトリュフ塩は調理するときに使ったり、加熱した料理に振りかけて使うのがおすすめです。

繊細な香りの「白トリュフ」

出典:Amazon

白トリュフは、黒トリュフよりも希少なトリュフであるため、さらに高級品と言われています。主にイタリアで採れるトリュフです。香りは、アーモンドの香りに例えられることがあり、黒トリュフよりも繊細な香りがすることで人気があります。白トリュフ自体が、加熱をせず、生のまま使用されることが多いトリュフなので、トリュフ塩として使う場合も調理後のお料理に振りかけて使うのがおすすめです。

トリュフの産地をチェック

トリュフ塩に使われているトリュフの産地もチェックしておきましょう。

黒トリュフならフランス・イタリア

黒トリュフの主な産地はフランスやイタリアです。フランス産のものであれば、プロヴァンス地方やペリゴール地方のものが有名です。ですので、黒トリュフのトリュフ塩を選ぶならフランスの「プロヴァンス地方」か「ペリゴール地方」のものがおすすめです。イタリアならトスカーナ地方のものが有名なので、「トスカーナ地方」のトリュフを使ったトリュフ塩もおすすめです。

白トリュフならイタリアのアルバ産

白トリュフは希少価値が高いトリュフで、イタリアのピエモンテ州アルバ地方が産地として有名です。ですので、トリュフ塩を選ぶときも「アルバ地方」のものがおすすめです。アルバ産は有名なメーカーとの取引も多いので、手に入りやすく、品質も安定しています。また、トスカーナ州サンミニアートや、マルケ州アクアラーニャもイタリアの中では有名なので、現地に行った際には探してみるのも良いかもしれません。

塩の種類で選ぶ

出典:Amazon

トリュフ塩に使われている「塩」にもいくつか種類があります。トリュフ塩は、うまみ成分の多い天然塩が使われていることが多いですが、塩の種類によっても味わいが変わってきます。

肉料理には岩塩を

ステーキやソテーなどお肉を使った料理には、岩塩のトリュフ塩がおすすめです。よく使われているのが、ヒマラヤ山のピンクの岩塩です。まるで小さな宝石のようなピンク色の岩塩で、長時間かけて地上でできた塩です。ミネラル分が少なく、塩化ナトリウムの量が多いので、塩辛いのが特徴です。そのため、しっかりした味付けの料理に合うので、赤みのお肉やラム肉などクセがあるお肉に向いています。

野菜や魚介類には海塩を

海塩とは海水のみを使って結晶化させた塩のことです。ミネラル(にがり)を多く含んでいるため、しょっぱさだけでなく甘さ・旨味を感じやすいのが特徴です。野菜料理やたんぱくな魚介類の料理に向いています。また、トリュフ塩は海辺に近いフランスやイタリアで生産されていることが多いので、トリュフ塩はこの海塩が使われている商品が多いです。

オリーブオイルを使った料理には湖塩を

湖塩は塩分を多く含んでいる湖から採れる塩のことです。海で採れる海塩と地上で採れる岩塩のちょうど中間的な味わいなのが特徴です。湖塩自体が希少な塩なので、他の塩に比べると値段が高い傾向にあります。また、湖潮は独特の風味がありますが、オリーブオイルとよく合うので、マリネやドレッシングなどに向いています。

香料の有無で選ぶ

トリュフ塩の多くには香料が含まれています。トリュフは香りが特徴的な食品ですが、香りが飛びやすいのも特徴のひとつです。生産工程のうちで変化していく香りや風味を補うために、合成のトリュフ香料が使用されることが多いです。香料といっても、もちろん健康に害はなく、食べられるものではありますが、フレッシュなアルバ産の白トリュフのような複雑な香りはありません。中には香料が使われていないものもありますが、価格が高かったり、香りが飛んでしまうので長期保存に向きません。手軽にふりかけて使うなら香料が含まれたものでも十分おいしく食べられます。

トリュフ塩を使ったおいしいレシピ

出典:Amazon

トリュフ塩はトリュフの香りを楽しむための塩ですので、シンプルにふりかけて使うのがおすすめです。たとえば、クラッカーにクリームチーズをのせて、トリュフ塩をふりかけただけで立派なおつまみになります。ワインにも良く合います。ステーキなどのお肉料理はもちろん、オムレツ、ゆでたまご、スクランブルエッグなどの卵料理、生トマトやサラダなどの野菜料理、パスタ、リゾットに振りかけるだけでリッチな風味を楽しむことができます。

トリュフ塩のおすすめ保存方法

トリュフ塩は、高温多湿の場所を避けて常温で保存すれば問題ありません。基本的に、トリュフの香りは飛んでしまいやすいので、しっかりキャップを閉め、開封後はなるべく早めに食べてしまったほうがおいしく食べられます。冷蔵庫での保存も可能ですが、臭いが強い食品などをおいてしまうと臭いが移り、せっかくのトリュフの香りが飛んでしまうことがあるので注意しましょう。

スーパーでも買うことができる 

トリュフ塩はスーパーなどの実店舗でも販売しているお店があります。輸入食材店のお店や成城石井などの高級食材店に置いてあることが多いのでチェックしてみてください。しかし、商品のラインナップが充実しているお店はあまり多くありません。たくさんのトリュフ塩の中から、吟味して購入したいのであれば、ネット通販を利用して購入するのがおすすめです。

トリュフ塩のおすすめ10選

最安値1,450円(税込)

3.80(2件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値1,620円(税込)

3.80(28件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値1,998円(税込)

3.90(41件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値2,500円(税込)

5.00(2件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値2,592円(税込)

3.70(28件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値2,904円(税込)

5.00(6件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値3,000円(税込)

3.20(8件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値3,150円(税込)

4.20(67件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値3,542円(税込)

3.60(12件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値4,180円(税込)

4.20(10件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

まとめ

トリュフ塩はいつものお料理をワンランクアップさせてくれる調味料です。様々な食材に合う塩なので、ぜひあなたのお気に入りのトリュフ塩を探してみてください。

おすすめ記事

塩の人気売れ筋ランキング

おすすめキーワード

紹介されているメーカー