日本酒のおすすめ9選!初心者向けの有名銘柄も

日本酒のおすすめ9選!初心者向けの有名銘柄も

日本酒は「冷たく・常温・温く」といった飲み方ができるお酒です。甘口や辛口という味わいの違いはもちろん、大吟醸や純米酒といった種類があります。コスパを重視した安いものから、ギフトにも適した高級なものまで商品数も豊富なので、初心者だと有名な銘柄から選ぶというのもおすすめです。そこで今回は日本酒の特徴と人気ランキングの定番「獺祭(だっさい)」「久保田」「八海山」をはじめとするおすすめ商品をご紹介いたします。 

家でも美味しい日本酒を味わいたい!

家でも美味しい日本酒を味わいたい!

日本酒は料理との相性が良く、幅広い温度で美味しく飲めるお酒です。しかし、種類が多くてどのように選ぶと良いのか悩むという方は多いのではないでしょうか。日本酒は米や米麹、水を原料とする醸造酒で、使用する原料の性質によって香りや味が左右されます。また、原料の米をどのくらい削ったかによっても香りや味わいが変化し、種類が細かく分類されています。もし、これまで日本酒を飲んでみて苦手に感じていた場合でも、日本酒の知識を少し知るだけで新たな発見ができるかもしれません。それでは、食前や食事中、眠る前など様々なシーンで飲まれる日本酒を選ぶ際にチェックしたい項目を順番にみていきましょう。

日本酒の種類について

特定名称酒を知ろう

日本酒は特定名称酒と普通酒に分類され、現在8種類ある「特定名称酒」は清酒の製法品質表示基準を満たすものに限られています。具体的には精米歩合や麹歩合、アルコール添加の有無によって区別されています。それでは特定名称酒の特徴を順番にチェックしていきましょう。

「純米大吟醸酒」

精米歩合は50%以下、米と米麹を使用しています。低温で長期間発酵させる吟醸造りでつくられています。

「大吟醸酒」

精米歩合は50%以下、米と米麹、微量の醸造アルコールを使用してつくられています。醸造アルコールは味のバランスを整える目的で加えられています。

「純米吟醸酒」

精米歩合は60%以下、米と米麹が原料です。吟醸造りでつくられており、特別純米酒と同じ精米歩合を義務付けられています。

「吟醸酒」

精米歩合は60%以下、米と米麹、醸造アルコールが原料です。低温で長期間発酵させてつくられています。

「純米酒」

米と米麹が原料の日本酒です。純米酒は口当たりが良く、米のうま味やほんのりとした甘みが広がります。純米酒は精米歩合の規定がありません。そのため、米の精白度によって味に個性が出るのが特徴です。

「特別純米酒」

精米歩合は60%以下、米と米麹が原料でつくられています。もしくは特別な製造方法でつくられた純米酒を指します。原料の性質で味が異なるのが特徴です。

「本醸造酒」

本醸造酒の精米歩合は70%以下で、米と米麹、醸造アルコールが原料です。本醸造酒は純米酒に近い香りや味わいがあります。

「特別本醸造酒」

精米歩合は60%以下で、米と米麹、醸造アルコールでつくられています。醸造アルコールは味のバランスを整える目的で加えられます。

純米酒と本醸造酒について

純米酒は「米・米麹・水」からつくられており、醸造酒の原料は「米・米麹・水、醸造アルコール」です。つまり、純米酒は原料が極めてシンプルということになります。醸造酒に使われる醸造アルコールは味や香りのバランスを整える役割をしてくれるもので、量はごくわずかです。 

特定名称酒以外から探す選択肢も

特定名称酒以外のお酒とは、規定とは異なる精米歩合や原料の分量が配合されているものを指します。注意したいのは、特定名称酒以外の日本酒の味や品質が劣っているとは言い切れないということです。特定名称酒は、時間をかけて米を削るなど手間を掛けてつくられるので価格も高くなる傾向がありますが、酒造メーカーがあえて規定とは異なる原料や製法を取り入れていることもあります。ぜひ商品に対するこだわりも含めて選んでください。

日本酒の選び方

甘口か辛口かは日本酒度合いで選ぶ

日本酒の味には辛口と甘口があり、日本酒度という数値である程度の判断できます。プラスの数値が大きくなるほど辛口で、マイナスの数値が大きくなるほど甘口になるのが特徴です。サッパリとしたキレのある味わいが好みという方は辛口を。コクのある味わいを好む方は甘口がおすすめです。

酸度で選ぶ

酒の中には製造過程で発生する有機酸(乳酸・コハク酸・リンゴ酸・クエン酸など)の酸味やうま味をもたらす成分が入っています。その量を示すのが「酸度」です。酸度というと酸っぱいイメージがありますが、日本酒だと味を引き締めることを指します。日本酒度が同じものだと、酸度が高いと辛くて芳醇な味わいになり、酸度が低いと甘くて淡麗な味わいになります。

精米歩合で選ぶ

精米歩合とは、米がどれだけ削られているかを示す数値のことです。日本酒のラベルには精米歩合が表記されているものと表記されていないものがあります。例えば精米歩合が70%だと、米の周りを30%削られていることになります。日本酒の原料である米は、中心部分であるほど雑味のない味わいになるのが特徴です。つまり、精米歩合の値が低くなるほど吟醸香が出て、価格も高くなります。

料理との相性で選ぶ

せっかく日本酒を飲むのであれば、料理との相性についての知識も欲しいですよね。味の感じ方には個人差があるものの、相乗効果で料理の味をより引き立てることができますよ。

例えば吟醸酒は香りが良いので食前酒や食後酒に適しており、食事では前菜や白身魚などの淡泊な食材とマッチします。純米酒は肉料理や魚料理などのご飯に合う料理やバターを用いた料理によく合います。本醸造は冷奴やおひたしなどの軽いつまみとの相性が良いです。

価格で選ぶ

普段の食事用向けの手頃なものから、特別な日やギフトに適した高価なものまで価格帯が幅広くあります。ひとつの傾向として、大吟醸酒と純米大吟醸酒は精米歩合が50%と低いことから価格も高くなるのが特徴です。憧れの銘柄を飲んでみたいけれど、価格が高くて失敗したくないという場合は、まずは飲食店で一杯飲んでみるという方法がおすすめです。

日本酒と一緒に器にもこだわろう

「とっくり」や「おちょこ」は日本酒に欠かせない器です。お気に入りの器で飲む日本酒は美味しさが一層引き立つことでしょう。以下のページでは形状やサイズ、材質など選ぶ際に知っておくべきポイントをまとめています。是非チェックしてみてください。

日本酒の飲み方

そのものの味を知りたいなら「冷や」

そのものの味を知りたいなら「冷や」

日本酒の冷やとは、「常温の状態」を指します。冷やというと冷たい状態をイメージしますが、冷蔵庫がない時代には冷酒がなく、温めて飲むか常温の二通りだったためです。冷やは温度に左右されることのないダイレクトな味わいが伝わるのが特徴です。

香りの変化を楽しめる「冷酒」

香りの変化を楽しめる「冷酒」

冷酒とは冷蔵庫や氷水などで冷やした状態の「冷たいお酒」のことです。その中でもよく冷えた5度ほどのものを「雪冷え」、10度ほどのものを「花冷え」15度ほどのものを「鈴冷え」といいます。冷え方をおさえると香りが良く立ち、良く冷やすほどシャープな味わいになるのが特徴です。

好みの温かさを追及したい「燗酒」

好みの温かさを追及したい「燗酒」

燗酒(かんしゅ)とは、温めたお酒のことです。燗酒には30度ほどの「日向燗」35度ほどの「人肌燗」40度ほどの「ぬる燗」45度ほどの「上燗」50度ほどの「あつ燗」50度以上を「とびきり燗」という種類があります。40度までだと香りや繊細な味わいが分かりやすく、40度以上だとキレを感じやすくなりますよ。50度近いと辛みが強く、習慣にすると胃や食道に負担が掛かるので注意が必要です。

日本酒のおすすめ9選 

出典:Amazon.co.jp

最安値2,689円(税込)
4.62(137件)

この商品の特徴

山形を代表するお酒、「出羽桜」のスタンダード吟醸酒です。国際的な大会で、いくつもの受賞歴があるほど、長い間多くの人に愛されてきた銘柄です。フルーティーな香りと味わいが特徴で、日本酒が初めてという人でも飲みやすい商品です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

山形を代表するお酒、「出羽桜」のスタンダード吟醸酒です。国際的な大会で、いくつもの受賞歴があるほど、長い間多くの人に愛されてきた銘柄です。フルーティーな香りと味わいが特徴で、日本酒が初めてという人でも飲みやすい商品です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

最安値1,620円(税込)
4.40(505件)

この商品の特徴

常識的な純米大吟醸では生み出せない酒質を目指した日本酒です。最高の酒米と言われている山田錦を50%まで磨いて醸した純米大吟醸です。綺麗で新鮮な風味と、柔らかく繊細な香りが味の複雑性と重層性と長い余韻を作り出しています。食中酒として幅広いお料理と共に楽しむことができます。アルコール度数は16度、内容量は720mlです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

常識的な純米大吟醸では生み出せない酒質を目指した日本酒です。最高の酒米と言われている山田錦を50%まで磨いて醸した純米大吟醸です。綺麗で新鮮な風味と、柔らかく繊細な香りが味の複雑性と重層性と長い余韻を作り出しています。食中酒として幅広いお料理と共に楽しむことができます。アルコール度数は16度、内容量は720mlです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

最安値1,620円(税込)
4.83(6件)

この商品の特徴

兵庫県の恵まれた土地で取れた、米を厳選した日本酒です。モンドセレクションでも、最高金賞を受賞した日本の「酒」を象徴する商品です。一年中通じて造る四季醸造によって、いつでも新鮮な状態でお酒を楽しむことができます。肉や魚料理と一緒に飲むことで、さらに美味しく味わうのもいいかもしれません。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

兵庫県の恵まれた土地で取れた、米を厳選した日本酒です。モンドセレクションでも、最高金賞を受賞した日本の「酒」を象徴する商品です。一年中通じて造る四季醸造によって、いつでも新鮮な状態でお酒を楽しむことができます。肉や魚料理と一緒に飲むことで、さらに美味しく味わうのもいいかもしれません。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

最安値8,517円(税込)
4.70(59件)

この商品の特徴

新潟県を代表する日本酒です。香り、味共に蔵人が絶妙に仕上げた「久保田シリーズ」の最高峰です。柔らかな口当たりと調和のとれた旨味で、軽く冷やしても、わずかに温めても存在感を醸し出します。特に冷やすと久保田独特のフルーティで清らかな風味を楽しむことができます。アルコール度数15〜16度、内容量は1800mlです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

新潟県を代表する日本酒です。香り、味共に蔵人が絶妙に仕上げた「久保田シリーズ」の最高峰です。柔らかな口当たりと調和のとれた旨味で、軽く冷やしても、わずかに温めても存在感を醸し出します。特に冷やすと久保田独特のフルーティで清らかな風味を楽しむことができます。アルコール度数15〜16度、内容量は1800mlです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

最安値2,401円(税込)
4.10(82件)

この商品の特徴

高エステル生成酵母を使用し、華やかな香りを楽しむことができる純米吟醸酒です。軽い口当たりと果実のようなフレッシュな香りに純米のまろやかな余韻があります。どのようなお料理にも合いますが、特にお刺身やタイの酒蒸し、生牡蠣のレモン添え、春雨サラダなどさっぱりとした料理と相性が良いです。日本酒初心者の方にもおすすめの澄み切った水のような日本酒です。内容量は1800mlです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

高エステル生成酵母を使用し、華やかな香りを楽しむことができる純米吟醸酒です。軽い口当たりと果実のようなフレッシュな香りに純米のまろやかな余韻があります。どのようなお料理にも合いますが、特にお刺身やタイの酒蒸し、生牡蠣のレモン添え、春雨サラダなどさっぱりとした料理と相性が良いです。日本酒初心者の方にもおすすめの澄み切った水のような日本酒です。内容量は1800mlです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

最安値3,622円(税込)
4.10(21件)

この商品の特徴

宮尾酒造から発売されている、商品名は「〆張鶴」中辛口の純米酒です。新潟純米の特徴である軽快さと淡麗さを持ちながらも十分な旨味があり、なお飲み飽きしない味はどんな料理のお供にも良く合います。来客用にお出しするお酒として、会社の飲み会の差し入れとして、またたまには家でも違う味を楽しみたいと思った時にもおすすめします。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

宮尾酒造から発売されている、商品名は「〆張鶴」中辛口の純米酒です。新潟純米の特徴である軽快さと淡麗さを持ちながらも十分な旨味があり、なお飲み飽きしない味はどんな料理のお供にも良く合います。来客用にお出しするお酒として、会社の飲み会の差し入れとして、またたまには家でも違う味を楽しみたいと思った時にもおすすめします。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

最安値3,630円(税込)
4.70(18件)

この商品の特徴

黒龍酒造から発売されている、商品名「黒龍」中辛口の純米吟醸酒です。使用米は福井県の五百万石を高精白し、米本来の旨みを出しました。仕込み水には、九頭竜川伏流水を使用しています。香りがありながら、スッキリしていて凄く美味しいと講評のお酒です。大勢集まっての飲み会での差し入れや、ちょっと贅沢を楽しみたい時などにおすすめします。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

黒龍酒造から発売されている、商品名「黒龍」中辛口の純米吟醸酒です。使用米は福井県の五百万石を高精白し、米本来の旨みを出しました。仕込み水には、九頭竜川伏流水を使用しています。香りがありながら、スッキリしていて凄く美味しいと講評のお酒です。大勢集まっての飲み会での差し入れや、ちょっと贅沢を楽しみたい時などにおすすめします。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

最安値4,006円(税込)
4.40(27件)

この商品の特徴

八海醸造から発売されている、商品名「八海山」辛口の純米吟醸酒です。豪雪地帯・新潟県ならではの清涼な仕込み水と、米所ならではの高品質な山田錦・ 美山錦・五百万石他のお米から出来ています。純米酒の中でも最ものどごしが軽いタイプに属します。生産量が少ないため、特別な記念日への贈り物やお祝い事にもおすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

八海醸造から発売されている、商品名「八海山」辛口の純米吟醸酒です。豪雪地帯・新潟県ならではの清涼な仕込み水と、米所ならではの高品質な山田錦・ 美山錦・五百万石他のお米から出来ています。純米酒の中でも最ものどごしが軽いタイプに属します。生産量が少ないため、特別な記念日への贈り物やお祝い事にもおすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

最安値2,040円(税込)
4.60(12件)

この商品の特徴

石本酒造から発売されている、商品名「灑(さい)」辛口の純米吟醸酒です。全国的に知られる新潟県を代表する日本酒「越乃寒梅(こしのかんばい)」シリーズの1品で、飲み口は「淡麗辛口」さらりとして、飲み口は軽くいただけます。人気が高い日本酒で入手が困難となり、プレミアが付加されて販売されるほど大人気の日本酒です。特別な日のお酒としておすすめします。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

石本酒造から発売されている、商品名「灑(さい)」辛口の純米吟醸酒です。全国的に知られる新潟県を代表する日本酒「越乃寒梅(こしのかんばい)」シリーズの1品で、飲み口は「淡麗辛口」さらりとして、飲み口は軽くいただけます。人気が高い日本酒で入手が困難となり、プレミアが付加されて販売されるほど大人気の日本酒です。特別な日のお酒としておすすめします。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

自分で熱燗を作ってみたい

燗酒は鍋や電子レンジでもつくることができますが、専用の酒燗器があると便利です。酒燗器の特徴やおすすめ商品は以下の記事をチェックしてみてください。

日本酒のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

おすすめ記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー