菜切り包丁の選び方&おすすめ4選【気になる研ぎ方も解説!】

菜切り包丁の選び方&おすすめ4選【気になる研ぎ方も解説!】

伝統的な家庭用和包丁である「菜切り包丁」は、野菜を切るのにとても便利な包丁です。鋼やステンレス、セラミックなどの素材があり、素材によって切れ味などが異なります。そこで、今回は菜切り包丁の選び方や研ぎ方、人気メーカー貝印の「関孫六」の菜切包丁などのおすすめ商品をご紹介します。メリットやデメリットも載せていますので「菜切り包丁は必要?」という疑問をお持ちの方もチェックしてみてください。

菜切り包丁とは

菜切り包丁とは

出典:Amazon.co.jp

菜切り包丁は、日本の伝統的な包丁の一つです。刃渡りは15cm〜20cmのものが多く、刃の部分が四角い形をしていて、刃が薄いのが特徴です。その名のとおり野菜を切るのに適している包丁です。また、様々な角度から切りやすいという特徴もあります。片刃にも良さはありますが、両刃の方が右利きの方も左利きの方も使いやすい作りになっています。

菜切り包丁のメリット・デメリット

メリット

キャベツの千切りやレタスを切るときなど、カサのある葉野菜を切るときにとても切りやすいです。大根の桂むきも三徳包丁より菜切り包丁が向いています。また、菜切り包丁は包丁研ぎ初心者の方におすすめです。包丁を研ぐときに刃に反りがあるとカーブしている部分を研ぐのが難しいですが、菜切り包丁はまっすぐなので研ぎやすいと言われています。

デメリット

現代の家庭で一般的になっている三徳包丁との違いは、三徳包丁は切っ先(刃の先端部分)が尖っているのに対して菜切り包丁は尖っておらず四角いこと、食材を切ったときに菜切り包丁の方がまな板と触れる面積が大きいことが挙げられます。三徳包丁は肉や魚などを切ることもできますが、菜切り包丁は切っ先が尖っていないことや、刃の反りが無いことから、肉や野菜を切るのは難しいです。

菜切り包丁の選び方

菜切り包丁の選び方

菜切り包丁を選ぶときに注目したいポイントをご紹介します。

素材は主に3種類ある

菜切り包丁は様々な素材で作られています。鋼(はがね)、ステンレス、セラミックが代表的な素材と言えるでしょう。セラミックは金属よりも硬くて丈夫な商品があります。錆びないというのも魅力です。ステンレスもお手入れが簡単で錆びにくいというメリットがあります。

包丁を研いで長く使いたい方におすすめなのは、鋼で作られた菜切り包丁です。包丁を自分研ぎやすい程よい柔軟性があり、理想の切れ味に調整していく楽しみがあります。

握りやすいものを選ぶ

料理をするたび、野菜を切るたびに使用することを考えると、柄の部分が握りやすいものを選ぶことをおすすめします。手の大きさに合っていてフィット感がある菜切り包丁がいいでしょう。形状が手の形に合いやすいものであれば、長時間使っていても手が疲れません。

菜切り包丁の研ぎ方

菜切り包丁の研ぎ方

切れ味の良さを維持するためには、お手入れが必要です。ここでは包丁の研ぎ方をご紹介します。

STEP1:研ぎ石を準備する

包丁を研ぐための研ぎ石は、不水性という研ぎ石を濡らすだけですぐに使えるタイプと、吸水性という研ぎ石に水を十分に吸わせてから使う必要がある研ぎ石に分かれます。

吸水性の研ぎ石の場合は、研ぎ石が問題なく入るサイズの容器が必要です。包丁を研ぐ前に研ぎ石を表面5mm程度水面から出るように水に浸し、研ぎ石が水を吸収するのを待ちます。平均して15分〜20分程度で吸水します。水面から出ている部分の研ぎ石の色が変わったら準備完了のサインです。

STEP2:研ぎ石を設置する

新聞紙や使い古したタオルを濡れ布巾にするなどして、上に研ぎ石を置きます。研いでいるときに研ぎ石が動いてしまうと危険なので、研ぎ石が新聞紙やタオルの上で滑ってしまわないか、きちんと固定されているかを確認しましょう。長方形の研ぎ石を自分から見て縦長になるようにまっすぐ設置します。

STEP3:包丁を研ぐ

研ぎ石に対して包丁は45°の角度です。そして、包丁の食材に触れる部分である刃先と研ぎ石の角度は15°です。刃先を自分の方に向けます。切っ先ではなく、刃先です。片手で包丁の柄を持ち、もう片手の人差し指、中指、薬指で刃を抑えてあまり力を加えずに研ぎ石の上を滑らせます。力の加え方は、シャッシャッと音が出る程度が目安です。

適切な角度を維持して研ぐために便利なアイテムが、包丁研ぎ専用の角度固定ホルダーです。初心者の方でもホルダーをつけるだけで適切な角度で包丁を研ぎ石に当てることができるのでおすすめです。

STEP4:指の置く位置を変えて研ぐ

指で刃を抑えている部分が主に研げている場所です。一定の場所だけ研げないように指の位置を変えて、満遍なく研いでいきます。

STEP5:反対の面を研ぐ

柄をくるっと返し、刃先を自分と反対側に向けるか、柄を持つ手と刃を抑える手をを左右反対にして、反対の面の刃も同じ要領で研ぎます。研ぎ石が途中で乾かないように、必要に応じて研ぎ石に水をかけながら研ぎます。両面を研ぎ、食材を切るなどして切れ味を確認して問題なければ完了です。

菜切り包丁のおすすめ4選

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値7,779円(税込)

この商品の特徴

有名メーカー貝印の人気シリーズ「関孫六」の菜切り包丁です。刃渡り約16.5cmで重さは310g、日本製です。ダマスカス鋼という積層鍛造法で作られています。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

有名メーカー貝印の人気シリーズ「関孫六」の菜切り包丁です。刃渡り約16.5cmで重さは310g、日本製です。ダマスカス鋼という積層鍛造法で作られています。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値7,240円(税込)

この商品の特徴

セラミック製の包丁です。食器洗い乾燥機にも対応しています。錆びにくく軽量な商品を探している方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

セラミック製の包丁です。食器洗い乾燥機にも対応しています。錆びにくく軽量な商品を探している方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値5,114円(税込)

この商品の特徴

青鋼1号という材質が良く切れ味がいいものを使って作られています。本体140gと軽量です。野菜だけでなく餅を切ることもできます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

青鋼1号という材質が良く切れ味がいいものを使って作られています。本体140gと軽量です。野菜だけでなく餅を切ることもできます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値750円(税込)

この商品の特徴

丈夫でお手入れが簡単なオールステンレス製の菜切り包丁です。リーズナブルなのも嬉しいポイントです。つなぎ目のない一体型ハンドルなので洗いやすく衛生的に使うことができます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

丈夫でお手入れが簡単なオールステンレス製の菜切り包丁です。リーズナブルなのも嬉しいポイントです。つなぎ目のない一体型ハンドルなので洗いやすく衛生的に使うことができます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この記事内のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー