牛刀包丁のおすすめ6選!プロも愛用する本格派

牛刀包丁のおすすめ6選!プロも愛用する本格派

刺身包丁や果物ナイフなど、様々な種類の包丁がありますが、全て揃えるのは大変ですよね。そんなときにおすすめなのが、プロも愛用している「牛刀包丁」です。肉や魚、野菜、果物など幅広い使い方ができます。今回は牛刀包丁の選び方や研ぎ方、藤次郎や堺孝行などのおすすめ商品をご紹介します。あわせて「三徳包丁との違いは?」といった疑問にもお答えします。

扱いやすい万能な包丁が欲しい!

扱いやすい万能な包丁が欲しい!

料理をするときに使う包丁には用途に合った様々な種類があります。刺身用の刺身包丁や、フルーツを切るときに使う果物ナイフなどです。どの包丁も限られた用途にしか使えないということはありませんが、その包丁に合っているものに使うとより効率良く調理ができるように作られています。

しかし、ひとつの家庭に何本も包丁を揃えておくことは難しい場合もあります。調理中に何度も包丁を持ち替えるのも面倒です。そこで活躍するのが、何にでも使える「牛刀包丁」です。何にでも使える万能包丁として有名なのは三徳包丁ですが、三徳包丁は先端が丸くなっているので突き刺して使うことができません。牛刀包丁は先端が尖っているので、カボチャを切るときや、魚をおろしたりするときにも使いやすいです。三徳包丁よりも刃渡りが長く、高さが低いので繊細な動きがしやすくなっていることが主な違いです。

様々な食材や使い方に対応しているので、一人暮らしの方や、できるだけ少ない包丁で効率良く調理をしたい方にもおすすめです。

牛刀包丁のメリット

牛刀包丁のメリット

牛刀包丁という文字を見ると、肉を切るのに適しているというイメージを持つ方が多いかもしれません。実際に肉を切ることもできますが、魚や野菜、果物など何にでも使うことができます。牛刀包丁は切れ味が良いので、固い野菜にも使え、パンなどやわらかい食材にも使えます。まさに万能な包丁なのでこまめに研いでおけば、完熟したトマトなどもきれいに切れます。

牛刀包丁の選び方

刃渡りの長さを選ぶ

刃渡りの長さを選ぶ

牛刀包丁の刃渡りは、一般的に15cm~40cmまで3cm間隔で作られています。刃渡りとは包丁の刃の長さのことです。刃渡りは短いほど使いやすく、長くなると技術が必要になります。調理に慣れていない方や、安全性を優先したい方は刃渡りが15cm~25cmほどの短めのものがおすすめです。反対に調理に慣れていて、様々な食材に対して牛刀包丁を活用したいという方は30cm~40cmのものに挑戦しても良いかもしれません。

牛刀包丁は使う食材によっても刃渡りが変わります。食材が大きくなるほど刃渡りが長いものが使いやすくなります。たとえばブロック状の肉のかたまりなどであれば24cm以上ほしいところです。ブロック肉の他にも魚一匹を下ろしたり、大きなスイカをカットするときにも使いやすいでしょう。反対に手頃な大きさの野菜や豆腐や漬物などを、ちょこちょことカットするのであれば、18cmあれば充分です。

女性は21cm、男性は24cmが一般的な目安

女性は21cm、男性は24cmが一般的な目安

調理経験によらず、手の大きさによって刃渡りを選ぶこともできます。女性が使うのであれば一般的には21cmがおすすめです。女性でも小柄な方であれば18cmでも良いでしょう。男性が使うのであれば24cmがおすすめです。ただし、男性であっても細やかな包丁使いをしたい方は21cmのものを選んでも良いかもしれません。

包丁選びはスペースや収納もチェック

包丁はキッチンの調理スペースによっても選び方が変わります。調理スペースがあまり広くないのであれば、刃渡りは短い方が安全で使いやすいでしょう。さらに収納場所の問題もあります。刃渡りが長すぎると、包丁を収納するラックに入らないこともあります。事前にご家庭の包丁ラックの高さなどを測っておいた方が良さそうです。

刃の素材はこだわりを大切に

牛刀包丁の素材は主に3種類です。どの素材もそれぞれに良いところがあります。包丁は基本的には毎日使うものなので、自分がこだわりたいポイントを押えている素材を選ぶことも重要です。

切れ味重視なら鋼(はがね)がおすすめ

切れ味重視なら鋼(はがね)がおすすめ

出典:Amazon.co.jp

プロの料理人や調理の上級者に愛用されている牛刀包丁はほとんどが鋼です。鋼の良いところは何と言ってもその鋭い切れ味でしょう。肉や魚、野菜など何を切っても断面が美しく飾り包丁などもきれいに入れることができます。

ただし、鋼は錆びに弱いという特徴もあります。使った後はその都度お手入れをしなければすぐに錆びてしまいます。他の素材に比べると研ぎやすいという特徴もあるので、万が一錆びてしまっても研いで復活させるのであれば問題ありません。

ステンレスはお手入れが簡単

ステンレスはお手入れが簡単

出典:Amazon.co.jp

ステンレスの牛刀包丁は錆びに強く、お手入れがとても簡単です。他の食器と同じように洗って乾燥させるだけで毎日使えます。家事に忙しい主婦の方や一人暮らしの方に人気の素材です。しかも価格が安く、どこででも購入できるというメリットもあります。

切れ味は鋼には劣りますが、食材を切ることができればそれで良いという方であれば、さほどデメリットは感じないかもしれません。切れ味を追求したステンレスの牛刀包丁も販売されています。一般的なステンレス製より価格はやや高くなりますが、手入れのしやすさと切れ味のどちらも欲しい方にはおすすめです。

軽くて扱いやすいセラミックは子どもにも

軽くて扱いやすいセラミックは子どもにも

出典:Amazon.co.jp

セラミックの牛刀包丁はとても軽くて扱いやすくできています。そのため力が弱い子どもやご年配の方にもおすすめです。酸にも強いので、柑橘類を切っても錆びにくく安心です。ただし、強度は他の素材に比べると劣ります。固い食材などを無理して切ると刃こぼれすることがあります。

両刃と片刃の違いは刃が下りる方向

包丁には両刃と片刃があります。両刃というのは刃を前から見たときに、刃が左右対称になっているもののことです。片刃は刃を前から見たときに左側は垂直、右側は斜めになっています。どちらも包丁としての役割をすることに変わりはありません。

しかし、両刃はまな板に向かって垂直に刃が下りていくので、薄切りなどはしにくくなります。その分固いものや大きなものをまっすぐ切りやすいです。片刃はまな板に向かって左寄りに刃が下りて行くので薄切りがしやすくなります。しかし食材に向かってまっすぐ包丁を下ろしても食材は左寄りに切れやすくなります。

柄の材質は使い勝手や好みで選ぶ

柄は直接握って包丁をコントロールする部分なので、持ちやすいものを選ぶようにしましょう。また手入れがしやすいことも大切です。

手になじみやすい木製の柄

手になじみやすい木製の柄

出典:Amazon.co.jp

木製の柄は手になじみやすく、握ったときの感触が好みという方が多いようです。しかし水を含むと木が柔らかくなるので、濡れた状態では傷が付きやすくなります。また、木は乾きが悪いので、しっかりと乾燥させておかないとカビや変色の原因になることもあります。長い時間水に浸したままにしておくと木が腐ることもあるので、手入れはこまめに行いましょう。

もしも柄の部分が腐ったり割れたりした場合は、金物店などで柄の交換をすることができます。気に入った刃の牛刀包丁であれば、柄を交換するだけで長く使い続けることができます。

お手入れが簡単なステンレスの柄

お手入れが簡単なステンレスの柄

出典:Amazon.co.jp

ステンレス製の柄は水洗いしやすく、拭き取れば水分も一瞬で取り除くことができます。雑菌なども繁殖しにくく、衛生的です。刃と柄が一体になったオールステンレスは見た目がきれいです。オールステンレスは価格が少し高めですが、牛刀包丁の見た目にこだわりたい方にはおすすめです。

初心者にも使いやすい樹脂の柄

プラスチックやシリコンなどを使った樹脂製の柄もあります。樹脂の柄は適度な重みがあるので、調理に慣れていない方でもバランスを取りながら使うことができるでしょう。手入れも簡単で、他の食器と同じように洗って拭くだけで良いです。抗菌作用が高いものも販売されています。価格も安いものが多く、一人暮らしの方やこれから料理に挑戦したいという方にもおすすめです。

ツバありは柄が長持ちしやすい

ツバありは柄が長持ちしやすい

出典:Amazon.co.jp

包丁にはツバと呼ばれる口金があるものと無いものがあります。ツバとは包丁の刃の部分と柄の部分を繋ぐ金属のことです。このツバがあることで柄の中に水が入りにくくなります。柄の中に水が入ると、そこから柄が傷むことが多く長持ちさせにくくなります。また、ツバがあることで刃部分と柄部分の段差がなめらかになり、洗いやすいというメリットもあります。さらにはツバがあることで重心が取りやすく、結果として包丁をコントロールしやすくなります。

牛刀包丁は利き手に合わせて選ぶ

牛刀包丁は利き手に合わせて選ぶ

一般的な刃物はほとんど右利き用に作られています。包丁も同じで、特に表記のないものは右利き用です。左利きの方が使うのであれば左利き用のものを購入するようにしましょう。左利きの方が右利き用の包丁を全く使えないわけではありませんが、刃物は使い方を誤るとケガや事故に繋がることもあります。左利き用は数は少なめですが、ほとんどのメーカーが取り扱いをしています。

牛刀包丁の研ぎ方

牛刀包丁の研ぎ方

牛刀包丁は適度に研ぐことで切れ味を維持しやすくなります。食材を切っているときに、違和感を持ったり切りにくいと感じたら研ぐタイミングです。

STEP1:砥石に水をかける

包丁を研ぐ砥石に少し水をかけて湿らせます。包丁の方も一度水にくぐらせておくと良いでしょう。水をかけておくことで砥石の滑りを良くし、包丁の刃に負担をかけずに研ぐことができます。

STEP2:包丁の全体を研ぐ

包丁を砥石に当てて全体的に研いでいきます。切っ先と呼ばれる先端から研ぐ方法もありますが、初心者の方が切っ先から研ぐと、研ぎすぎてしまってゆがむことがあります。切っ先だけにこだわらず、全体的にバランス良く研いでいくつもりで研ぎましょう。包丁を砥石に対して45度くらいの角度で軽く当ててゆっくりと前に滑らせて手前に引く、を繰り返します。片面を研ぎ終わったら、反対の面も同じように研ぎます。

STEP3:かえりを取る

包丁を両面研ぐと、かえりと呼ばれる刃のクズが出ます。このクズをしっかりと取り除かないと、包丁は切れるようになりません。かえりは新聞紙などを使うと取りやすくなります。新聞紙を少し厚めに取って、丸めて棒状にします。その棒状になった新聞紙を研いだ包丁で3つに分けるようにして切ります。

牛刀包丁の主なブランド

ヤクセル

1932年に「刃物のまち」といわれている岐阜県関市で設立しました。鎌倉時代から受け継がれてきた、刀づくりの地術を家庭用刃物づくりへと応用しています。長年培った技術に加えて新しいテクノロジーを加え、「切れ味」「使いやすさ」「美しさ」を兼ね備えた包丁をつくっています。

藤次郎

新潟県燕三条で製造されている包丁ブランドです。全ての製造工程を一貫して行うことで、確かな品質の包丁を販売し続けています。特に切れ味には定評があり、有名な料理人やプロのシェフなどにも使われています。海外からの評価も高く、世界的に有名な包丁メーカーとして知られています。

堺孝行

600年の歴史がある堺は「鍛造」「刃付け」「柄付け」「銘切り」をそれぞれ専門の職人が担当して作っています。各職人の力を1本の包丁に集結させて作られる包丁はプロの料理人に大変人気です。その証拠にシェフや板前が使っている和包丁の約90%のシェアを堺が占めています。堺孝行ブランドは青木刃物製作所という大阪府堺市にある刃物メーカーで製造されています。

牛刀包丁のおすすめ6選

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値8,283円(税込)

この商品の特徴

刃渡り210mmのシェフナイフです。「刃物のまち」として知られる、岐阜県関市生まれの包丁で、ダマスカス模様が力強い存在感を出しています。熱処理、研削、刃付けは鋼を知り尽くした職人の手作業で仕上げられているので、優れた切れ味が魅力です。ハンドル部分は、天然素材と樹脂を組み合わせたカンバスマイカルタ製となっており、耐久性が抜群です。優雅なデザインと優れた切れ味を高度に両立したシェフナイフに仕上がっています。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

刃渡り210mmのシェフナイフです。「刃物のまち」として知られる、岐阜県関市生まれの包丁で、ダマスカス模様が力強い存在感を出しています。熱処理、研削、刃付けは鋼を知り尽くした職人の手作業で仕上げられているので、優れた切れ味が魅力です。ハンドル部分は、天然素材と樹脂を組み合わせたカンバスマイカルタ製となっており、耐久性が抜群です。優雅なデザインと優れた切れ味を高度に両立したシェフナイフに仕上がっています。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値10,450円(税込)

この商品の特徴

藤次郎の牛刀包丁です。刃渡りは21cm、重さは210gで女性でも使いやすい大きさと重さです。表面はステンレスで錆びにくく、中の芯には強度のあるコバルト合金が使われています。柄の部分は木製で手にしっくりとなじみます。鋼のような切れ味とステンレスの強さの良いところを併せ持った牛刀包丁です。口コミでも切れ味が良いというものが多く、評判が良いです。何にでも使えて長く愛用できる牛刀包丁をお探しの方に特におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

藤次郎の牛刀包丁です。刃渡りは21cm、重さは210gで女性でも使いやすい大きさと重さです。表面はステンレスで錆びにくく、中の芯には強度のあるコバルト合金が使われています。柄の部分は木製で手にしっくりとなじみます。鋼のような切れ味とステンレスの強さの良いところを併せ持った牛刀包丁です。口コミでも切れ味が良いというものが多く、評判が良いです。何にでも使えて長く愛用できる牛刀包丁をお探しの方に特におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値6,028円(税込)

この商品の特徴

刃渡り21cm、重さ180gと軽量の堺孝行ブランドです。切れ味に定評のある鋼を使っているので、固い食材や大きなブロック肉なども楽に切れそうです。柄の部分は木製でできています。ツバがついているので、柄の中に水が入らず長持ちします。刃は両刃で食材に対してまっすぐ切り下ろすことができます。歴史のあるブランドが販売している包丁なので、自分用だけでなく贈り物として使う方も多いようです。長く使える包丁を探している方に特におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

刃渡り21cm、重さ180gと軽量の堺孝行ブランドです。切れ味に定評のある鋼を使っているので、固い食材や大きなブロック肉なども楽に切れそうです。柄の部分は木製でできています。ツバがついているので、柄の中に水が入らず長持ちします。刃は両刃で食材に対してまっすぐ切り下ろすことができます。歴史のあるブランドが販売している包丁なので、自分用だけでなく贈り物として使う方も多いようです。長く使える包丁を探している方に特におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値1,796円(税込)

この商品の特徴

オールステンレスの牛刀包丁です。18.5cm~27cmの刃渡りから選べます。18.5cmだと重さは140gと軽量なので、力が弱い女性やご年配の方でも使いやすいでしょう。ステンレスモリブデン鋼という素材を使った刃は切れ味が良く、錆にも強くなっています。刃と柄が一体になっているので洗いやすく、手入れも簡単です。食洗機にも対応しているので他の食器と同じように使うことができます。見た目も美しくキッチンのインテリアを邪魔しません。おしゃれで機能的な牛刀包丁を探している方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

オールステンレスの牛刀包丁です。18.5cm~27cmの刃渡りから選べます。18.5cmだと重さは140gと軽量なので、力が弱い女性やご年配の方でも使いやすいでしょう。ステンレスモリブデン鋼という素材を使った刃は切れ味が良く、錆にも強くなっています。刃と柄が一体になっているので洗いやすく、手入れも簡単です。食洗機にも対応しているので他の食器と同じように使うことができます。見た目も美しくキッチンのインテリアを邪魔しません。おしゃれで機能的な牛刀包丁を探している方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値9,130円(税込)

この商品の特徴

通販の包丁ランキングで上位にランクインしている牛刀包丁です。切れ味が良く固いものも無理なく切れます。完熟トマトやパンなど柔らかすぎて切りにくいものもなめらかな断面を残して切ることができます。さらには刃の表面に加工がされているので、切った食材がくっつきにくく調理中のストレスもありません。刃は両刃ですが超ハマグリ刃という特殊な加工がされています。超ハマグリ刃は食材に食い込みやすく、切り残しが少ないと言われています。固い食材も楽に切れる包丁をお探しの方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

通販の包丁ランキングで上位にランクインしている牛刀包丁です。切れ味が良く固いものも無理なく切れます。完熟トマトやパンなど柔らかすぎて切りにくいものもなめらかな断面を残して切ることができます。さらには刃の表面に加工がされているので、切った食材がくっつきにくく調理中のストレスもありません。刃は両刃ですが超ハマグリ刃という特殊な加工がされています。超ハマグリ刃は食材に食い込みやすく、切り残しが少ないと言われています。固い食材も楽に切れる包丁をお探しの方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値17,600円(税込)

この商品の特徴

この商品は左利き用ですが右利き用もあります。刃渡りは20cmで重さは210gです。ステンレス製で錆に強く、簡単な手入れで長く使えます。海外でも人気があり、アメリカのキッチンナイフ・オブ・ザ・イヤーを受賞した経歴もある牛刀包丁です。筋の多い肉や繊維質の食材もスムーズに切れると言われています。ステンレスとしては少し高価ですが、良いものを長く使いたいという方にはおすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

この商品は左利き用ですが右利き用もあります。刃渡りは20cmで重さは210gです。ステンレス製で錆に強く、簡単な手入れで長く使えます。海外でも人気があり、アメリカのキッチンナイフ・オブ・ザ・イヤーを受賞した経歴もある牛刀包丁です。筋の多い肉や繊維質の食材もスムーズに切れると言われています。ステンレスとしては少し高価ですが、良いものを長く使いたいという方にはおすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この記事内のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー