プッシュアップバーのおすすめ7選!吸盤付きや回転式も

プッシュアップバーのおすすめ7選!吸盤付きや回転式も

プッシュアップバーは、腕を痛めずに効率よく腕立て伏せをするための筋トレグッズです。手と地面との距離を取ることにより負荷をかけやすくし、大胸筋や上腕三頭筋、背筋を効果的に鍛えて、筋肥大につなげることができます。また、コンパクトで場所もとらないので、筋トレ初心者の方にもおすすめです。中には手首の向きが変わるものやグリップに傾斜が付いているタイプもあり、回数をカウントできる商品もあります。今回はプッシュアップバーの選び方と、NAKOやアディダスなどのおすすめ商品を紹介します。

アイキャッチ画像出典:Amazon.co.jp

※本記事は、選び方で記載した効果・効能が記事内の商品にあることを保証するものではありません。ご購入の際には、各商品に記載の商品説明を必ずご確認ください。

プッシュアップバーとは

プッシュアップバーとは

出典:Amazon.co.jp

プッシュアップバーとは、プッシュアップ(push-up)、腕立て伏せのための道具です。床に置いてグリップ部分を握り、腕立て伏せを行います。普通の腕立て伏せでは、手の位置より体を下に持っていくことができません。プッシュアップバーを使うことで、体を手や肩よりも深く下げられるので、トレーニングの可動域を広げることにより、腕・肩・胸により大きな負荷をかけられます。そうすることで、ターゲットとする鍛えたい筋肉を効率よく筋トレができます。

プッシュアップバーの選び方

素材ごとの特徴で選ぶ

軽量なプラスチック製

軽量なプラスチック製

出典:Amazon.co.jp

プラスチックのプッシュアップバーは、軽量で持ち運びが楽なのが特徴です。自宅で使う以外にも、出張などの出掛け先や、会社にも持っていくことができます。しかし、プラスチックのプッシュアップバーは、金属製のものより耐荷重が弱いため、体重が重い方が使用した場合、プラスチックだと曲がってしまう可能性があります。また、プラスチックのプッシュアップバーは、初心者の方や、普通の腕立て伏せでは物足りないと感じている方におすすめです。

丈夫な金属製

丈夫な金属製

出典:Amazon.co.jp

金属製のプッシュアップバーは、プラスチックのものより重く、耐荷重が強いことが特徴です。持ち運びには、重たい分不便ではありますが、分解できるタイプのものもあるので、かさばることは抑えられるでしょう。また、金属のプッシュアップバーは、腕立て伏せだけでなく、様々な使い方で複数の部位を鍛えたい方におすすめです。

グリップの特徴で選ぶ

握りやすい硬さを選ぶ

プッシュアップバーを使う際に、力がかかるのがグリップ部分です。そのため、グリップにスポンジがついていれば、直接の手の痛みを軽減できます。スポンジは、薄く硬いものよりも、厚めで柔らかいものがおすすめです。

通気性の良いタイプを選ぶ

グリップの吸水性や、通気性も大切です。プッシュアップバーを使って筋トレをしていると、手に汗をかいてきて、グリップ部分が滑りやすくなってしまうことがあります。怪我を防止するためにも、スポンジ部分の通気性が良いグリップを選びましょう。

安定感をチェック

床に固定できる吸盤付き

床に固定できる吸盤付き

出典:Amazon.co.jp

吸盤付きのプッシュアップバーだと、滑りやすい床に固定して筋トレをすることができます。滑って怪我をするということを防ぐことができます。

滑りにくいスポンジ製の脚

滑りにくいスポンジ製の脚

出典:Amazon.co.jp

プッシュアップバーの脚部分がスポンジになっているものがあります。グリップと同じ素材なため、滑りにくくなっています。床を傷つけたくない方や、置き換えしたときに音がなるのが気になる方におすすめです。

付随機能もチェック

広範囲を鍛えられる回転式

広範囲を鍛えられる回転式

出典:Amazon.co.jp

円盤の形をしていて、グリップ部分が回転するので、より効果的に広範囲に筋力を鍛えられます。回転することで手首を自然な方向に曲げられるため、手首への負担軽減にもなります。回転をロックできる製品もあるので、自分で調整できる点も便利です。

トレーニング効率を上げる自動カウント式

トレーニング効率を上げる自動カウント式

出典:Amazon.co.jp

沈み込むときの回数を赤外線センサーで自動的にカウントしてくれる機能があります。十分に体を下げられていないとセンサーが反応せず、カウントされないこともあります。一回ずつ丁寧に行いたいという方におすすめです。

傾斜のタイプにも注目

傾斜のタイプにも注目

出典:Amazon.co.jp

プッシュアップバーには、水平タイプと傾斜がついているタイプがあります。傾斜がついていると、置き方によって部位別に鍛えることができたり、水平タイプに比べて、手首を傷めにくいです。

耐久性の高さを確認する

耐久性の高さを確認する

出典:Amazon.co.jp

体重を乗せて使用するため、耐久性があるかどうかが大切です。プラスチック製の製品も多くありますが、耐久性の面では金属製の方が優れています。また、プッシュアップバーには、耐荷重が表示されています。自分の体重はもちろん、余裕をもった数値を選ぶと安心です。耐荷重が大きい商品は、傾斜を付けたトレーニングや逆立ちなど、様々な筋トレにも安心して使えます。

プッシュアップバーのおすすめ商品比較表

プッシュアップバーのおすすめ7選

出典:Amazon.co.jp

腕立て伏せのトレーニング効果を高める

腕立て伏せのトレーニングで使用するプッシュアップバーです。手首の負担を軽減するため、効率よく筋トレが行えます。グリップには、すべり止め防止の溝が設けられています。腕立て伏せによる筋トレの効率アップを望む方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

腕立て伏せのトレーニング効果を高める

腕立て伏せのトレーニングで使用するプッシュアップバーです。手首の負担を軽減するため、効率よく筋トレが行えます。グリップには、すべり止め防止の溝が設けられています。腕立て伏せによる筋トレの効率アップを望む方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

元米国海軍特殊部隊のミルズ氏監修のプッシュアップバーは、トレーニングマニュアルDVDもついているお得なセット品です。回転式なので、より一層プッシュアップに負荷をかけながらも、手首を痛めることなく無理なく進められます。膝をついた状態で行う方法など、筋肉をあまりつけたくない方にも向いているやり方も紹介されています。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

元米国海軍特殊部隊のミルズ氏監修のプッシュアップバーは、トレーニングマニュアルDVDもついているお得なセット品です。回転式なので、より一層プッシュアップに負荷をかけながらも、手首を痛めることなく無理なく進められます。膝をついた状態で行う方法など、筋肉をあまりつけたくない方にも向いているやり方も紹介されています。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

低価格でコスパの良いニトリからもプッシュアップバーが販売されています。パイプ部分はスチール製、グリップ部分は塩化ビニール樹脂という安定感あるつくりです。低価格ながらしっかりしたつくりなので、試しに購入してみたいという方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

低価格でコスパの良いニトリからもプッシュアップバーが販売されています。パイプ部分はスチール製、グリップ部分は塩化ビニール樹脂という安定感あるつくりです。低価格ながらしっかりしたつくりなので、試しに購入してみたいという方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

ヘルスメーターで有名なタニタのプッシュアップバーは、自動カウント機能がついています。プッシュアップが浅いとカウントしないため、より追い込んだ筋トレを行いたい方におすすめです。逆にほとんどかわらないような位置でも、センサーに反応しない限りカウントされないというデメリットがあります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

ヘルスメーターで有名なタニタのプッシュアップバーは、自動カウント機能がついています。プッシュアップが浅いとカウントしないため、より追い込んだ筋トレを行いたい方におすすめです。逆にほとんどかわらないような位置でも、センサーに反応しない限りカウントされないというデメリットがあります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

プッシュアップバーを使って大胸筋を鍛える方法

トレーニングの手順

  1. プッシュアップバーを八の字に置く
  2. 腕を意識しながら、沈み込んだときにMの字になるようにする
  3. 腰や膝が曲がったりしないよう、背中をまっすぐになるように意識する
  4. 余裕のある方は足の位置を高くしたり、片足は浮かせてまっすぐ伸ばす

プッシュアップバーを使って二の腕・肩・背筋を鍛える方法

トレーニングの手順

  1. プッシュアップバーを肩幅よりやや広めくらいの間隔で置く
  2. プッシュアップバーを背にして床に座るような姿勢でバーを握る
  3. ひざはのばしてかかとを床につけ、おしりを浮かせながら肘を曲げ伸ばしする

自宅でフリーウェイト!ダンベルもチェック

自宅でのトレーニングには、ダンベルもおすすめです。様々なトレーニング方法や重さを使って工夫することで、選び方とおすすめ商品を紹介しているので、あわせてチェックしてみてください。

この記事の修正依頼を送る

関連記事

人気記事