クレープパンのおすすめ8選!ティファールやストウブの人気商品も

クレープパンのおすすめ8選!ティファールやストウブの人気商品も

フライパンのフチを低くした形状が特徴の「クレープパン」は、本格的なクレープ生地を焼けるアイテムです。家で、自分が考えたレシピでクレープを食べたいときや、お好み焼きやガレットをつくる際に活躍します。直径16~30cmほどのサイズ展開で、素材も鉄やステンレス、アルミなど、幅広い種類があります。家庭やキャンプなどのアウトドア、業務用といった用途に合わせて選ぶことが大切です。今回はクレープパンの選び方や使い方、ストウブやマトファー社などのおすすめ商品をご紹介します。ティファールのIHフレンチパンや、あじねフライパンもありますよ。

アイキャッチ画像出典:Amazon.co.jp

家庭でクレープを手作りしたい!

クレープといえば、フルーツやクリームの甘い系からハムや野菜を巻いた軽食系まで、幅広いメニューを楽しめるのが魅力です。しかし、クレープ生地をつくるのは難しく、お店でしか楽しめないものだと思っていませんか?

家庭でクレープを手作りしたい!

「クレープパン」があれば、自宅でも手軽にクレープ生地を焼くことができ、自分の好きな具材を入れたクレープをつくることができます。

クレープパンとは

クレープパンとは

出典:Amazon.co.jp

クレープパンは、フライパンのフチを低くしたような形状が特徴の調理器具です。コツをつかめば、丸くて薄い生地を焼き上げることができます。素材には鉄やアルミニウム、表面加工をしたものがあり、対応する熱源も商品によって様々です。ひとつ持っておくと、お好み焼きなどの、「焼き」を中心とした調理にも重宝します。

クレープパンの主なメーカー

ティファール

ティファールは、1956年にフランスで設立された、歴史あるメーカーです。ティファールのクレープパンは、ガス火専用のものと、ガス・IH対応のものがあります。浅くて軽いのが特徴で、焼き始めをマークで知らせてくれるなど、機能性にも優れています。

ストウブ

ストウブは、フランスの人気メーカーです。ストウブ社のクレープパンは熱伝導率が高く、均一に焼き上げることができます。IH対応商品もあり、スタイリッシュな見た目もポイントです。重量を感じてしまう場合もあるので、購入前に一度手に取って確認することをおすすめします。

デバイヤー

デバイヤーは、1830年にフランスで創業した老舗メーカーです。品質と耐久性の評価が高く、家庭用・業務用の定番です。手入れをしながら長く使えるメリットがありながら、価格が比較的お手頃な点も魅力です。

クレープパンの選び方

対応する熱源を確認

クレープパンは、ガス専用のものと、IHに対応しているものがあります。特にIH非対応の商品は多いので、注意が必要です。購入前に必ず仕様書を見て、家庭の熱源に合うか確認しましょう。

つくりたい大きさに合わせてサイズを選ぶ

市販のクレープパンは、16cm~30cmほどのサイズ展開になっています。家庭では24~28cmほどのサイズが使いやすいです。お店で販売されているクレープは、30cmほどのサイズのクレープパンが使われています。

つくりたい大きさに合わせてサイズを選ぶ

出典:Amazon.co.jp

28cmのクレープパンだと、完成するクレープは26cmほどとなり、半分に折り曲げると13cmになります。この大きさを基準にすると、トッピングをしてくるくる巻いたサイズがイメージしやすいでしょう。自分が食べたい大きさを想像してから選ぶのがおすすめです。

使うシーンを想定して選ぶ

実用性を重視したい「家庭用」

実用性を重視したい「家庭用」

出典:Amazon.co.jp

家庭で使う場合は、ガス・IH対応を必ず確認して、自宅の熱源に合わせるのはもちろん、コンロにしっかりおさまるかをチェックしましょう。また、クレープの他に、薄焼き卵やお好み焼き用としても使いたい方は、フチの形状や、オーブン対応の可否などの機能にも注目してみてください。収納したい場所にすっきりおさまり、取り出しやすい方が、家庭では気軽に使うことができます。

厚みを重視したい「業務用」

厚みを重視したい「業務用」

業務用では、30cm以上のサイズが選ばれることが多いです。フチがない本格的なクレープパンも人気があります。業務用は特に失敗が許されないので、熱が均等に伝わり、早く、かつ、きれいに焼けるものが理想的です。板厚が厚く、安定した温度で焼けるクレープパンをチェックしてみてください。

「アウトドア」にはコンロで使えるものを

アウトドアで使うクレープパンを選ぶ場合、コンロで使用できるものがいいでしょう。また、アウトドアだと使う頻度が少ないため、自宅でも使えるものを選ぶ方も多いです。対応している熱源や、持ち運びやすさなどを考慮して選ぶのがおすすめです。

材質で選ぶ

初心者向けの「表面加工」

初心者向けの「表面加工」

出典:Amazon.co.jp

表面加工を施したフライパンは、焼く面に食材がくっつきにくいのが特徴です。ひっくり返すときや、焼き上がってお皿にうつすときも失敗しにくく、手入れが簡単というメリットもあります。フッ素加工やホーロー加工などがありますが、加工の効果は永久ではありません。また、耐久性が高いほど価格も高くなります。

手入れをして長く使える「鉄」

手入れをして長く使える「鉄」

出典:Amazon.co.jp

頑丈さが最大のメリットである鉄製のクレープパンは、扱い方次第で長く使うことができます。鉄製は「水気をしっかりふき取る」、「油を全体にコーティングさせる」などの手入れが必要です。焼く前には、十分加熱してから生地を流すと、きれいに焼けます。最初は扱いにくいですが、使用するたびに油がなじみ、使い方のコツもつかめてくるでしょう。

さっと焼ける「アルミニウム」

さっと焼ける「アルミニウム」

出典:Amazon.co.jp

アルミニウムのクレープパンは、熱伝導率が高いので、さっと生地を焼けるのが特徴です。時短が見込めるので、ホームパーティーのときや、ミルクレープをつくるときなど、生地をたくさん焼きたいときに適しています。また、重量が軽いのもメリットのひとつです。

取っ手の素材にも注目

取っ手の素材にも注目

出典:Amazon.co.jp

クレープパンは、取っ手まで同一素材のものと、取っ手だけ樹脂製や木製のものがあります。生地を焼くだけであれば、同一素材でも取っ手が高温になることは少ないですが、樹脂製や木製であれば、より安全です。また、見た目の印象も変わります。

「フチの形状」は焼きやすさを左右する

クレープパンのフチはどれも低めで、角度を斜めにして、生地をはがしやすいように設計されているものが多いです。商品を比較してみると分かりますが、フチの形状は、メーカーごとのデザインの特徴が出やすい部分です。ほんのわずかな差が焼きやすさを左右するので、選ぶときに必ず確認しましょう。

オーブンに対応しているかもチェック

商品数は限られていますが、オーブンに食材ごと入れられるクレープパンもあります。オーブンに入れることができると、肉料理や野菜のグリルなど、幅広い調理に使えて便利です。多用途に使いたい方は、ぜひチェックしてみてください。

付属品の有無で選ぶ

付属品の有無で選ぶ

出典:Amazon.co.jp

クレープを焼くには「トンボ(スプレッダー)」という、生地をくるりと回す器具と、生地をはがす「スパチュラ」が必要です。別売りで揃えることもできますが、中にはセットになっているものもあります。メーカー側がクレープパンとの相性を考えてセットにしている安心感があります。「届いたらすぐに使いたい!」という方にもおすすめです。

クレープパンの使い方

STEP1:生地を準備する

クレープの生地をつくります。小麦粉や牛乳、卵、水などを調合する方法が一般的ですが、ホットケーキミックスを使用してつくることも可能です。完成した生地は、冷蔵庫で1時間ほど寝かせておくと、焼くときに破れにくいです。

STEP2:クレープパンを熱する

クレープパンを中火から強火で予熱します。

STEP3:生地を焼く

STEP3:生地を焼く

出典:Amazon.co.jp

熱源から一度離し、生地を流します。クレープパンを傾ける、もしくはトンボを使用して、均一にのばして加熱しましょう。加熱時間は1分以内です。

STEP4:ひっくり返して完成

クレープパンをゆすって生地が離れるようになったら、ひっくり返します。さらに20秒ほど加熱して完成です。

クレープ以外にも使える!

クレープ以外にも使える!

出典:Amazon.co.jp

クレープパンは、基本的にフライパンと同じような用途で使うことができます。ただし、フチが低いので、じっくり焼くような調理に最適です。お好み焼きやガレット、ホットケーキなどを焼くときや、ホットプレートを出すのが面倒というときに活躍してくれます。

クレープパンのおすすめ8選

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

ティファールのクレープ専用フライパンです。大きさは28cmで、ガス火・ヒーター専用で、IH非対応です。熱やキズに強いエナメル(ホーロー)加工で、美しい光沢を長く保ちます。また、フライパンの裏側には、エッフェル塔のイラスト入りで、フランスらしいお洒落な雰囲気です。自宅で手軽に、お店のようなクレープを焼きたいとお考えの方におすすめの商品です。

この商品の特徴

ティファールのクレープ専用フライパンです。大きさは28cmで、ガス火・ヒーター専用で、IH非対応です。熱やキズに強いエナメル(ホーロー)加工で、美しい光沢を長く保ちます。また、フライパンの裏側には、エッフェル塔のイラスト入りで、フランスらしいお洒落な雰囲気です。自宅で手軽に、お店のようなクレープを焼きたいとお考えの方におすすめの商品です。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

鉄製の、本格的なクレープパンです。大きさは24cm、重さは1.2kgで、持ち手も鉄で出来ていますので、調理の際は注意が必要ですが、そういったことも含め、かなり本格的な仕様となっています。鉄製ならではの火の通りは、クレープだけでなく、薄焼き卵やガレットを焼くのにも最適です。きちんと手入れをすれば、長く愛用することが出来るクレープパンをお探しの方におすすめの商品です。

この商品の特徴

鉄製の、本格的なクレープパンです。大きさは24cm、重さは1.2kgで、持ち手も鉄で出来ていますので、調理の際は注意が必要ですが、そういったことも含め、かなり本格的な仕様となっています。鉄製ならではの火の通りは、クレープだけでなく、薄焼き卵やガレットを焼くのにも最適です。きちんと手入れをすれば、長く愛用することが出来るクレープパンをお探しの方におすすめの商品です。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

27cmのティファールのフランスフレンチパンです。普通のフライパンでは、深さがあるのでひっくり返しにくく、クレープ生地がヨレたりやぶれたりしてしまいがちですが、薄さが必要なクレープを作る為の浅い構造なので、片手でもひっくり返すことができます。またクレープだけでなく、錦糸卵やガレット、チヂミなども焼くことが出来ます。手軽に使えるフレンチパンをお探しの方におすすめの商品です。

この商品の特徴

27cmのティファールのフランスフレンチパンです。普通のフライパンでは、深さがあるのでひっくり返しにくく、クレープ生地がヨレたりやぶれたりしてしまいがちですが、薄さが必要なクレープを作る為の浅い構造なので、片手でもひっくり返すことができます。またクレープだけでなく、錦糸卵やガレット、チヂミなども焼くことが出来ます。手軽に使えるフレンチパンをお探しの方におすすめの商品です。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

熱伝導の良い鋳鉄製のクレープパンです。持ち手が木製になっています。熱伝導が良いので、食材に均一にしっかりと熱が伝わります。内側にはストウブ独自のざらつきのある、黒マットエマイユ加工が施してあり、食材がくっつくのを防ぎます。ガス以外に、IH、オーブンでも使用できます。きれいに焼き上がり、様々な熱源に対応しているクレープパンを探している方におすすめです。

この商品の特徴

熱伝導の良い鋳鉄製のクレープパンです。持ち手が木製になっています。熱伝導が良いので、食材に均一にしっかりと熱が伝わります。内側にはストウブ独自のざらつきのある、黒マットエマイユ加工が施してあり、食材がくっつくのを防ぎます。ガス以外に、IH、オーブンでも使用できます。きれいに焼き上がり、様々な熱源に対応しているクレープパンを探している方におすすめです。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

640gの軽いクレープパンです。材質はアルミニウムです。大きさは16cmあります。焦げ付きを防ぐ、ノンスティック加工になっています。ハンドル部分はスチール製で、強度のあるリベット留めされています。ガス、電磁調理器、オーブンで使用することができます。熱の伝わりが良く、きれいな焼き色に仕上がります。軽くて使いやすいクレープパンが欲しい方におすすめします。

この商品の特徴

640gの軽いクレープパンです。材質はアルミニウムです。大きさは16cmあります。焦げ付きを防ぐ、ノンスティック加工になっています。ハンドル部分はスチール製で、強度のあるリベット留めされています。ガス、電磁調理器、オーブンで使用することができます。熱の伝わりが良く、きれいな焼き色に仕上がります。軽くて使いやすいクレープパンが欲しい方におすすめします。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

IH対応のクレープパンです。大きさは、41×25×7.2cmあります。商品重量は約800gです。薄いので、アウトドアなど持ち運ぶのに便利です。ファイバーライン加工が施されているため、生地との接点が少なく、こびりつきや焦げ付きを防ぎます。焼きムラのない、きれいなクレープやガレットが作れます。コンパクトでお手入れのしやすいクレープパンを探している方におすすめします。

この商品の特徴

IH対応のクレープパンです。大きさは、41×25×7.2cmあります。商品重量は約800gです。薄いので、アウトドアなど持ち運ぶのに便利です。ファイバーライン加工が施されているため、生地との接点が少なく、こびりつきや焦げ付きを防ぎます。焼きムラのない、きれいなクレープやガレットが作れます。コンパクトでお手入れのしやすいクレープパンを探している方におすすめします。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

マトファーのクレープパンです。サイズは280mm×20mm、重量は650gです。アルミノンスティック加工をしてあるフライパンです。アルミは熱伝導が高く、均一に熱が伝わりきれいにクレープを焼くことができます。重量も軽く、柄も205mmと長めで扱いやすいので、調理するのにも手が疲れません。見た目もシンプルでおしゃれなクレープパンです。

この商品の特徴

マトファーのクレープパンです。サイズは280mm×20mm、重量は650gです。アルミノンスティック加工をしてあるフライパンです。アルミは熱伝導が高く、均一に熱が伝わりきれいにクレープを焼くことができます。重量も軽く、柄も205mmと長めで扱いやすいので、調理するのにも手が疲れません。見た目もシンプルでおしゃれなクレープパンです。

出典:ajinefrypan.com

この商品の特徴

自宅でもお店のようなおいしいクレープを焼くことができる、クレープパンです。鉄板の厚さは約11.5mmと厚みのあるクレープパンなので、保温力が高く、野外でクレープを焼く際にも鉄板の温度が下がりにくくきれいにクレープを焼くことができます。片面には、スペシャルな研磨をかけることで、生地もはがれやすく焼きやすいです。

この商品の特徴

自宅でもお店のようなおいしいクレープを焼くことができる、クレープパンです。鉄板の厚さは約11.5mmと厚みのあるクレープパンなので、保温力が高く、野外でクレープを焼く際にも鉄板の温度が下がりにくくきれいにクレープを焼くことができます。片面には、スペシャルな研磨をかけることで、生地もはがれやすく焼きやすいです。

この記事内のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー