パワーラックのおすすめ10選!自宅での筋トレに

パワーラックのおすすめ10選!自宅での筋トレに

パワーラックは、自宅で本格的な筋力トレーニングをやりたい方に便利なアイテムです。筋肉に高負荷を与えることのできるベンチプレスなどを効率的におこなうことができるため、ジムに行かずとも満足行くトレーニング環境を実現してくれます。そこで今回は、パワーラックの選び方や使い方、スミスマシンとの違い、おすすめパワーラックをご紹介します。

アイキャッチ画像出典:Amazon.co.jp

パワーラックのメリット

自宅で本格的なトレーニングができる

自宅で本格的なトレーニングができる

出典:Amazon.co.jp

自宅で行うトレーニンングというと、腹筋やスクワットといった器具を使わずにできるものから、ダンベルなどの簡単な器具で鍛えるものまで、あらゆる種類があります。しかし、家でのトレーニングを行ううちに、なんだか物足りないと感じてしまうこともあります。パワーラックを使用することで、自宅でも本格的なトレーニングを始めることができます。

待ち時間ゼロで自由に使える

ジム通いをしている方にとって悩ましいのが、人気の器具を使うために並ぶ必要があることです。並ぶ時間がもったいないのはもちろん、使用するときにも並んでいる人を気にして、トレーニングに集中できないなんてこともあります。しかし、自宅でのトレーニングであれば、器具を独り占めしていつでも自由に使用できます。ちょっとした隙間時間に気軽に使え、周りを気にせずトレーニングができるのは、パワーラック最大のメリットです。

筋トレ費用を抑える

ジム通いをする際には、毎月の出費がつきものです。サービスの良いジムでは費用が高くついたり、安いジムでは設備が整っていなかったりと、筋トレ費用を抑えつつ満足のいくトレーニングを行うのはなかなか難しいものです。パワーラックの場合は、購入する際に数万円かかりますが、一度購入してしまえば、長い期間使用することが可能です。また、自宅で使用できるため、ロッカー代や交通費など、小さな出費も抑えられ、低コストで筋トレを行えます。

パワーラックのデメリット

スペースを取る

スペースを取る

出典:Amazon.co.jp

パワーラックを設置するために、自宅のスペースを取ってしまうのはデメリットのひとつです。しかし、パワーラックの中にはハーフサイズのコンパクトなタイプもあります。部屋にあまりスペースが取れない方は、ハーフラックタイプをチェックしてみましょう。

騒音に注意

パワーラックを使用する際に気をつけたいのが、周囲への騒音です。特にマンションやアパートにお住いの方は注意する必要があります。深夜の使用を避けるなど、時間を考えて使用したり、マットを敷いて騒音を軽減したり、騒音に気をつけて使用することを心がけましょう。

パワーラックとスミスマシンの違い

パワーラックとスミスマシンの違い

出典:Amazon.co.jp

パワーラックとスミスマシンはよく似ていますが、使用方法が異なります。スミスマシンはバーベルがガイドに沿って動くため、安全性が高いというメリットがあります。一方、パワーラックはガイドがなく、バーベルの動きの自由度が高いのが特徴です。用途にあったものを選びましょう。

パワーラックの選び方

サイズをチェックする

自宅に設置可能な幅のものを

パワーラックを購入する前にチェックして欲しいのが、設置場所の幅と、パワーラックの大きさです。パワーラックを購入しても、自宅に置くことができないとなると意味がないので、事前にサイズのチェックを行いましょう。広いスペースを確保できないという方には、ハーフタイプのパワーラックがおすすめです。

天井の高さよりも低いものを

サイズをチェックする上で、意外と見落としがちなのが、パワーラックの高さです。設置できる幅のものを購入しても、天井よりも高くて、自宅に設置できないということもあるかもしれません。自宅の天井の高さと、パワーラックの高さを購入前にしっかりとチェックしておきましょう。

種類で選ぶ

本格派にはボックスタイプ

本格派にはボックスタイプ

出典:Amazon.co.jp

本格的にトレーニングを行いたい方には、ボックスタイプがおすすめです。活用の幅も広く、オプション次第でより満足のいくトレーニングを行うことができます。設置場所に余裕があり、ジムさながらのトレーニングを行いたい方は、ボックスタイプをチェックしてみましょう。

初心者にはハーフタイプ

初心者にはハーフタイプ

出典:Amazon.co.jp

ハーフタイプは、トレーニングの種類は制限されるものの、コンパクトなサイズで手頃な価格であるのが魅力です。とりあえずパワーラックを使用してみたいという方や、設置スペースを多く取りたくない方などには、ハーフタイプがおすすめです。

荷重量をチェック

基本は200kg

スクワットやデッドリフトなど高重量を扱うことが想定されるトレーニングを行う場合、ある程度の荷重量が必要です。基本的には200kg以上のものを選べば、問題なくトレーニングを行うことが可能です。パワーラック購入の際には荷重量もチェックしてみましょう。

本格派は250kg以上

より本格的なトレーニングを行いたい方は、250kg以上がおすすめです。200kgでは物足りない方のために、250kgや300kgのものが販売されています。しかし、荷重量が大きくなると価格も高くなってくるため、本格的なトレーニングを行いたい方は、慎重にパワーラックを選びましょう。

価格で選ぶ

パワーラックには幅広い価格帯のものがあります。安いものでは2万円程度、本格的なものになると数十万円することもあります。荷重量やオプションの有無によっても、価格が大きく異なります。パワーラックに必要な機能をきちんと吟味しながら、価格をチェックするのがおすすめです。

セット内容をチェック

セット内容をチェック

出典:Amazon.co.jp

パワーラックの本体だけでなく、セットの内容もチェックしましょう。パワーラック単体から、トレーニングに必要な道具が一式セットになっているものまで、あらゆるタイプが販売されています。パワーラックに統一感を出したい方や、すぐにトレーニングを始めたい方、お得にパワーラックを購入したい方にはセット販売がおすすめです。

パワーラックの使い方

上半身の筋肉を鍛えるベンチプレスのやり方をチェック

上半身の筋肉を鍛えるベンチプレスのやり方をチェック

ベンチプレスは、上半身の筋肉を同時に鍛えることができる種目です。パワーラックでベンチプレスを行う際には、まずセーフティーバーの高さ調整を行い、適切な重量のウェイトを装着します。そして、トレーニングベンチに横たわり、肩幅の1.5倍程度の手幅でバーベルを握りましょう。その後はバーベルをラックから外し、胸のあたりに落とすようにバーベルを上下していきます。基本のベンチプレスの方法をマスターしましょう。

下半身を鍛えるスクワットの方法をチェック

胸、お尻、背中といった広範囲を鍛えることができるスクワットのやり方をご紹介します。まず、ベンチプレス同様、セーフティーバーの高さとウェイトの調整を行います。そして、肩幅よりも少し広めに握り、肩にかつぎます。その後、太ももと床が平行になる程度まで腰を下ろしたら、元のポジションまで立ち上がります。これを繰り返して、バーベルスクワットを行いましょう。

背中や足を鍛えるデッドリフトの方法をチェック

背中や脚、お尻を鍛えることができるデッドリフトのやり方を紹介します。まずはセーフティーバーを膝あたりに設定し、足を肩幅に開き直立します。そして、膝を軽く曲げ上半身を前傾させ、バーベルを持ち上げていきます。バーベルを挙げきったら、ゆっくりとバーベルをセーフティーバーにおろします。

初心者向けパワーラックのおすすめ6選

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値27,489円(税込)

この商品の特徴

バーベルスクワット、ベンチプレスが自宅でも行うことができるボディメーカーのマルチラックです。着脱式のバーベルホルダーとセーフティバーなので高さ調節も可能です。レバーを持ち上げて幅の調節もできます。トレーニングに合わせた高さの設置が可能です。サイズはW111~181cm×D58cm×H171cm、支柱間は最短55.5cm~125cmです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

バーベルスクワット、ベンチプレスが自宅でも行うことができるボディメーカーのマルチラックです。着脱式のバーベルホルダーとセーフティバーなので高さ調節も可能です。レバーを持ち上げて幅の調節もできます。トレーニングに合わせた高さの設置が可能です。サイズはW111~181cm×D58cm×H171cm、支柱間は最短55.5cm~125cmです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値35,200円(税込)

この商品の特徴

手軽に自宅でトレーニングできるスクワットラックです。サイズはW110cm×D138cm×H163cmで 天井の低い場所でも設置可能です。固定式のバーベルフックで高さの調節が不要で手間いらずです。セーフティラックが万が一の時には安全を確保してくれます。別売りのフラットベンチやマルチパーパスベンチと組み合わせることで各種トレーニング可能です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

手軽に自宅でトレーニングできるスクワットラックです。サイズはW110cm×D138cm×H163cmで 天井の低い場所でも設置可能です。固定式のバーベルフックで高さの調節が不要で手間いらずです。セーフティラックが万が一の時には安全を確保してくれます。別売りのフラットベンチやマルチパーパスベンチと組み合わせることで各種トレーニング可能です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値60,500円(税込)

この商品の特徴

スクワットトレーニングをサポートしてくれるラックです。サイズはW104cm×D118cm×H210cmです。上腕二頭筋を鍛えられるチンニングバー、着脱式のバーベルホルダー、セーフティを装備してあります。支柱の間隔も広くトレーニングがスムーズに行えます。支柱の4隅が補強してあるのでぐらつきも抑えます。別売りのベンチと組み合わせることでベンチプレス、ショルダープレスもトレーニングできます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

スクワットトレーニングをサポートしてくれるラックです。サイズはW104cm×D118cm×H210cmです。上腕二頭筋を鍛えられるチンニングバー、着脱式のバーベルホルダー、セーフティを装備してあります。支柱の間隔も広くトレーニングがスムーズに行えます。支柱の4隅が補強してあるのでぐらつきも抑えます。別売りのベンチと組み合わせることでベンチプレス、ショルダープレスもトレーニングできます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値50,930円(税込)

この商品の特徴

IROTEC (アイロテック) から発売されているパワーラックです。バーベルなどのトレーニング機器をセットするものです。サイズはW116×D118×H210cmで、60㎜×60㎜の強靭な太いフレームは、タフなトレーニング環境でもしっかりと貴方をサポートします。バーベルシャフトは200cm以上に対応します。ご家庭でしっかりとしたトレーニング環境を作りたい方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

IROTEC (アイロテック) から発売されているパワーラックです。バーベルなどのトレーニング機器をセットするものです。サイズはW116×D118×H210cmで、60㎜×60㎜の強靭な太いフレームは、タフなトレーニング環境でもしっかりと貴方をサポートします。バーベルシャフトは200cm以上に対応します。ご家庭でしっかりとしたトレーニング環境を作りたい方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値133,980円(税込)

この商品の特徴

IROTEC (アイロテック) から発売されているマスキュラーセットです。ベンチプレス・スクワット・ラットプル・懸垂・レッグエクステンションと幅広く筋力アップできます。ラックサイズはW116×D145×H219cm、ベンチサイズがW70×D175×H55~121cm(シート高55cm)となります。ご家庭でより本格的なトレーニング環境を作りたい方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

IROTEC (アイロテック) から発売されているマスキュラーセットです。ベンチプレス・スクワット・ラットプル・懸垂・レッグエクステンションと幅広く筋力アップできます。ラックサイズはW116×D145×H219cm、ベンチサイズがW70×D175×H55~121cm(シート高55cm)となります。ご家庭でより本格的なトレーニング環境を作りたい方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値49,000円(税込)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

上級者向けパワーラックのおすすめ4選

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値11,800円(税込)

この商品の特徴

フィールドア から発売されているベンチプレスラック/スクワットラックです。バーベルベンチプレスを自宅に居ながら実現できます。サイズ は(約)幅113cm×奥行70cm×高さ92cm~132cm(9段階) ・ラック部外側: (約)幅110cm ・ラック部内側: (約)幅100cmとなります。クローム×ワインレッドカラーの配色がお洒落で、トレーニングをやる気にさせてくれます。自宅でも楽しくトレーニングしたい方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

フィールドア から発売されているベンチプレスラック/スクワットラックです。バーベルベンチプレスを自宅に居ながら実現できます。サイズ は(約)幅113cm×奥行70cm×高さ92cm~132cm(9段階) ・ラック部外側: (約)幅110cm ・ラック部内側: (約)幅100cmとなります。クローム×ワインレッドカラーの配色がお洒落で、トレーニングをやる気にさせてくれます。自宅でも楽しくトレーニングしたい方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値61,050円(税込)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

楽天市場最安値218,240円(税込)

この商品の特徴

サイズ約幅120x長さ139x高さ220cm、重量約80㎏、耐荷重300㎏のパワーラックです。国産製造なので安心安全です。頑丈な造りなので、家庭用としてだけではなく、業務用としても使用可能です。チンニングバーもついており、組み合わせ次第で100種類以上ものトレーニング種目が可能です。家庭でも本格的なトレーニングをしたい人におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

サイズ約幅120x長さ139x高さ220cm、重量約80㎏、耐荷重300㎏のパワーラックです。国産製造なので安心安全です。頑丈な造りなので、家庭用としてだけではなく、業務用としても使用可能です。チンニングバーもついており、組み合わせ次第で100種類以上ものトレーニング種目が可能です。家庭でも本格的なトレーニングをしたい人におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値462,000円(税込)

この商品の特徴

ハイパフォーマンスを目指す日本人アスリートのための、ウエイトトレーニング器具です。フレームは頑丈な作りになっており、高重量でもガタつきがなく、安定感は抜群です。8cm刻みでフックの高さの調節が可能なので、細かな調整が可能です。様々なグリップでチンニングができるので、背部のトレーニングのバリエーションが豊富になります。家庭でしっかりと筋力トレーニングをしたい人におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

ハイパフォーマンスを目指す日本人アスリートのための、ウエイトトレーニング器具です。フレームは頑丈な作りになっており、高重量でもガタつきがなく、安定感は抜群です。8cm刻みでフックの高さの調節が可能なので、細かな調整が可能です。様々なグリップでチンニングができるので、背部のトレーニングのバリエーションが豊富になります。家庭でしっかりと筋力トレーニングをしたい人におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

パワーラックと一緒にバーベルを使おう

パワーラックで、上半身を鍛えるためにベンチプレスをしたり、下半身を鍛えるためにスクワットをするためには、バーベルが不可欠です。以下の記事で詳しく紹介しているので、自分に1番ぴったりなバーベルを見つけましょう。

パワーラックのおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー