ケチャップのおすすめ11選!瓶詰めタイプも

ケチャップのおすすめ11選!瓶詰めタイプも

家庭の冷蔵庫の常備品であるトマトケチャップは、トマトを原料に作られたケチャップで、人気レシピの隠し味など、様々な用途で幅広く活用できる優れものです。ケチャップには、酸味が少ないものから強いもの、トマトの濃度が濃いもの、リコピンを多く含んだ高リコピンのものまで、種類も様々です。また、タイの魚醤が語源で、アメリカのハインツ社が、トマトを原材料として製造したものが、ケチャップの始まりと言われています。今回は、カナダやオーストラリアのケチャップ、日本一おいしいと評価された高級ケチャップ、そして、1歳を迎えた赤ちゃんの離乳食におすすめのものなど、人気商品をご紹介します。イカリ、ハインツ、デルモンテなども揃っています。

ケチャップの選び方

好みの味で選ぶ

油っぽい食べ物をサッパリ食べられる酸味の強さ

ケチャップを選ぶときに、重要なことの一つが酸味です。食べ比べてみると、マイルドなものから、酸味の強いものまで商品によっては、大きく差があります。トマトの風味よりも、酸味の方が強いタイプは、チキンナゲットやポテトフライなど、油っぽい料理に向いています。強い酸味が、油っぽいものを食べた後の口の中を爽やかにしてくれます。

素材の味を邪魔しない甘み

酸味同様に、ケチャップのおいしさの基準となるのが、甘みです。甘すぎず、後味に酸味を感じるケチャップは、素材の味を邪魔しないのが特徴です。程よい甘さのケチャップは、料理を選ばず使用できるため、料理のアクセントとして役立ちます。

濃厚なトマト感

トマトが苦手でも、食べられるのがケチャップです。ケチャップにもいろいろなバリエーションの商品が増え、ザラッとした舌触りのものや、酸味が残っていてトマトの果物のような味わいを楽しめるものまで様々です。フレッシュなトマトを煮詰めたような、トロトロとした独特の食感が特徴の濃厚なケチャップは、その他の食材との相性も抜群です。

甘さ控えめな塩味

塩分が比較的少ないケチャップですが、甘さ控えめでつくられているケチャップは、塩味を強く感じるものもあるようです。特に、塩味が感じられるタイプなどはケチャップというより、トマトソースのような印象になります。

用途に合ったパッケージで選ぶ

料理にイラストや文字が書けるチューブタイプ

料理にイラストや文字が書けるチューブタイプ

使いやすさ重視なら、チューブタイプがおすすめです。細い絞り口が付いたチューブタイプの容器に入ったケチャップは、オムレツなど、料理にメッセージやイラストを描きたいときに便利です。

風味豊かなあらごしのものが多い瓶詰タイプ

風味豊かなあらごしのものが多い瓶詰タイプ

出典:Amazon.co.jp

ロールキャベツなどの煮込み料理に、たっぷり使用したいときは、口が広くスプーンを入れやすい、瓶詰タイプがおすすめです。料理によって、あらごしでトマトの果肉が残っているタイプを選ぶと、いつもとは違う食感と風味を味わえます。さらに、容器がおしゃれで、風味豊かなものが多い瓶詰ケチャップは料理好きの方へのギフトとしても喜ばれます。

用途や食材のバランスで選ぶ

トマトの旨み成分がたっぷり入ったケチャップには、香辛料やニンニクがたっぷり入ったものがあり、そのままソースとして利用し、肉や野菜にかけて焼いたり、煮たりするだけで、簡単にコクのある料理が完成します。一方、濃厚なトマトの味が存分に味わえる、香辛料少なめのシンプルなタイプのものは、出汁としてスープに入れたり、他の調味料と合わせて、色々な料理に幅広く使用することが可能です。調理に向いているものから、野菜につけてそのまま食べられるものまで、バリエーションも豊富です。ケチャップを購入する際は、味の特徴を理解し、調理方法や素材とのバランスを考えて選ぶと良いでしょう。

トマトの産地で選ぶ

日本で販売されているケチャップのほとんどが、国内産製品ですが、なかには輸入品もあります。国内産のケチャップでも、原材料のトマトの産地は様々です。一定の地域の国内産トマトにこだわったものや、ケチャップづくりに適している外国産のトマトを使用して製造されているものもあります。普段とは違った味のケチャップを試してみたいときは、トマトの産地で選ぶのもおすすめです。

濃度に注目する

ケチャップのきれいな赤が、オムライスなど料理の彩りとして役立つので、ケチャップの「赤」を基準にすることもあります。そんな時、気をつけたいのがケチャップの濃度です。料理によって、ケチャップ独特の赤い色を、料理の彩りにしたいときは、トマトの使用割合が多い、濃厚なテイストなものがおすすめです。また、和食の隠し味として使いたい時や、料理の色を赤くしたくないときは、パッケージに記載されているトマトの割合をチェックして、使用割合が少なめのものを選ぶとよいでしょう。

塩分量をチェックする

醤油や味噌など、他の調味料に比べて塩分が少ないのがケチャップですが、減塩に気をつけたい方は、減塩ケチャップや、食塩不使用のケチャップを選ぶのが良いでしょう。ケチャップを購入する際は、栄養成分表で、塩分量のチェックを忘れないようにしましょう。

健康にこだわるなら有機トマトでつくられたものを

健康にこだわるなら有機トマトでつくられたものを

出典:Amazon.co.jp

健康にこだわる方におすすめしたいのが、有機トマトを使用したケチャップです。本来、ケチャップの赤い色はトマトに含まれる栄養素、リコピンの色素に由来しているため、着色料を使用する必要がありません。また、ケチャップには防腐剤の役目を果たしてくれる酢などの調味料以外、添加物などが入っていないため、健康志向の方におすすめです。しかし、ケチャップを商品化する段階で添加物が入っていなくても、主原料となるトマトを栽培している段階で手を加えられてしまうと、オーガーニック商品とはなりません。そのため、有機トマトにこだわりたい方は、有機トマト使用の表示をチェックすることをおすすめします。

香辛料入りもおすすめ

香辛料入りもおすすめ

出典:Amazon.co.jp

ケチャップにも、有機トマトを使用したものや減塩タイプなど、色々なバリエーションが増えてきています。いつも同じタイプのケチャップを使用しているのなら、ほかの商品に目を向けてはいかがでしょう。香辛料入りのケチャップでは、唐辛子、タバスコ、カレーなど辛口の商品が注目を浴びているようです。さらに、バターやニンニクが入ったものなどは、初めから素材が加わっているので、調味料を選ぶ手間がかからず、時間がない時の時短料理に重宝します。スタンダードなケチャップのほかに、香辛料入りのものを用意しておくと、いつもの料理がワンランクアップします。

ケチャップを離乳食として与えるときの注意点

与える時期は1歳が目安

1日の食事の回数が、3回食になる離乳食後期、生後9ヵ月~11ヵ月ごろになると、食べられる食材や、使用できる調味料の種類も多くなります。大人が食べる分量の3分の1程度を目安にすると、離乳食から幼児食へと切り替わる、1歳~1歳半ごろからケチャップは使用可能です。この時期を迎えると、ほとんどの食材を、食べられるようになりますが、ケチャップは調整が必要なので、味見した時に、ほんのりケチャップの味を感じる程度が、丁度良い量になります。

アレルギーにも注意

わずかですが、トマトでアレルギー反応を起こす赤ちゃんがいます。トマトに含まれる、花粉のたんぱく質に似た成分が原因と考えられているので、花粉アレルギーの疑いがある場合は、食べさせるのを控えた方が良いでしょう。また、その他のアレルギーの不安がある赤ちゃんへも、同様の注意が必要です。

ケチャップのおすすめ11選

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

有機栽培トマトを使用したケチャップです。原材料はトマト、砂糖、醸造酢、たまねぎ、香辛料を使用しており、食塩や塩化カリウムは含んでいません。甘さも控えめで、自然なトマトのおいしさを楽しめます。保存料、着色料、甘味料、化学調味料、増粘剤不使用なので、無添加の商品を探している方にもおすすめです。

この商品の特徴

有機栽培トマトを使用したケチャップです。原材料はトマト、砂糖、醸造酢、たまねぎ、香辛料を使用しており、食塩や塩化カリウムは含んでいません。甘さも控えめで、自然なトマトのおいしさを楽しめます。保存料、着色料、甘味料、化学調味料、増粘剤不使用なので、無添加の商品を探している方にもおすすめです。

ケチャップのおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー