タンパーのおすすめ4選!本格エスプレッソに

タンパーのおすすめ4選!本格エスプレッソに

タンパーとは、エスプレッソを抽出するときのタンピングという作業に使うアイテムです。カフェなどでも良く使われていて、美味しいエスプレッソを入れるのに重要な役割をします。通販でも購入することができますが、デザインや形・大きさなどが様々で選ぶのが難しいという方も多いと思います。今回はタンパーの選び方やおすすめの商品を紹介します。

タンパーとは

タンパーとは

出典:Amazon.co.jp

タンパーとはコーヒーのタンピングをするためのアイテムで、エスプレッソを自作するときに使います。タンピングとは豆を詰める作業のことを言います。コーヒー豆を押す土台にハンドルがついて、ハンドル部分の素材は商品によって違います。エスプレッソメーカーを購入すると、簡単に使えるタンパーがついていることがあります。種類によって使いやすさが違うので、自分に合ったタンパーを選ぶと良いでしょう。

タンパーは必要か

タンピングによって均一にしっかり豆を詰めると、豆に抵抗ができ、コーヒーの旨味を搾り取ったエスプレッソを抽出することができます。タンピングの出来次第で抽出されたエスプレッソのおいしさが変わってくるので、自宅で本格的なエスプレッソを楽しみたい方にはタンパーが必須アイテムになります。

 タンパ―の選び方

底の形状で選ぶ

タンピングの確認ができるフラットタンパー

タンピングの確認ができるフラットタンパー

出典:Amazon.co.jp

タンパーには、コーヒー豆の部分を押す底の形状によってタイプがあります。タンパーの底が平になっている「フラットタイプ」はタンピングがしやすく、コーヒー豆が均一にしっかり詰まっているかチェックしやすくなっています。しかし、しっかり全面均等に詰められていないとエスプレッソが上手に抽出できなくなってしまいます。

ムラなく抽出できるリップルタンパー

ムラなく抽出できるリップルタンパー

出典:Amazon.co.jp

フラットタイプの底が波状になっているものを「リップルタイプ」と言います。リップルタイプを使うと、タンピングの仕上がりのときに表面積が大きくなるので、お湯が行き渡りやすくムラのない抽出をすることができます。

お湯が全体に行き渡るカーブタンパー

底が全体的にカーブしているタイプの「カーブタイプ」はコーヒー豆は詰めにくいですが、中央部分が凹むのでお湯が行き渡りやすくなるというメリットがあります。「コンベックスタンパ―」とも呼ばれています。中央に緩やかな窪みを作ることで、安定して抽出ができます。

ポルタフィルターのサイズに合っているか

ポルタフィルターのサイズに合っているか

タンパーは、ポルタフィルターに豆を入れて詰め込みます。そのため、タンパ―のサイズがポルタフィルターにきちんと合うかどうかが非常に重要です。タンパーの土台部分は直径49mm〜58mmのサイズがあり、大きすぎたりすると入らない可能性があるのでしっかりチェックしてから購入しましょう。

ハンドルの高さ、素材は握りやすさで選ぶ

ハンドルの高さ、素材は握りやすさで選ぶ

タンピングには15kgほどの力が必要になるので、タンパーを使うときに力を入れやすい高さのハンドルを選ぶようにしましょう。ハンドルが高いものも低いものもあり、持った感覚がそれぞれ違います。手首を曲げずに肘を直角に曲げるポーズが取りやすい高さのハンドルを選ぶことがポイントです。

また、タンパーの土台と言われる部分にはステンレスかアルミニウムの素材が使われていて、アルミニウムの方が軽くなっています。さらに持ち手部分も、木製やステンレス、アルミニウム、プラスチックなど様々な種類のものがあります。自分が握りやすい素材のものを選ぶと良いでしょう。

程良い重さがあるとタンピングしやすい

程良い重さがあるとタンピングしやすい

タンパーの重さは約200g〜700gのものがあります。タンパ―自体に重さがあると、タンピングのときに過度に力を入れる必要がなくなり、タンピングしやすくなります。そのため、軽すぎるものではなく使っていて丁度良いくらいの程良い重さのものを選ぶと良いでしょう。

タンパ―の使い方

タンパ―の使い方

タンピングの作業でしかりコーヒー豆を詰めることで、美味しいエスプレッソができます。タンパーはエスプレッソを自作するために必要不可欠なアイテムです。詳しい使い方はネット上でもたくさん見ることができるので、美味しいエスプレッソを入れたい方は探してみると良いでしょう。

STEP1:コーヒー豆を挽く

コーヒー豆を細かく挽きます。エスプレッソの粉は非常に細かく引く必要があるので、味にこだわりたい方はエスプレッソ用のグラインダーなどを使って豆を挽くと良いでしょう。

STEP2:ポルタフィルターに豆を入れる

エスプレッソを抽出するために使うポルタフィルターに、コーヒー豆を細かく挽いた粉を入れます。このとき、ポルタフィルターにコーヒーの粉が均一に入るようにするのがポイントです。

STEP3:豆を詰める

タンパーを使って豆をよく詰めます。タンピングは、ポルタフィルターの粉の表面に対し、一定以上の均一な力で詰め込むことが重要です。均一にタンピングできないと、お湯がコーヒーの粉の中を均等に通らず、旨味を抽出することができません。

タンパ―のおすすめ4選

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

フラットタイプのタンパーです。ノーブランドですが、価格も安くタンピングするのに役立ちます。ステンレスなので、洗って保管するのも簡単です。ハンドル部分も丸みをおびていて、手にフィットするタイプになっています。Amazonでも人気の商品で口コミ評価も高く、初めてエスプレッソを自作するという方におすすめです。

この商品の特徴

フラットタイプのタンパーです。ノーブランドですが、価格も安くタンピングするのに役立ちます。ステンレスなので、洗って保管するのも簡単です。ハンドル部分も丸みをおびていて、手にフィットするタイプになっています。Amazonでも人気の商品で口コミ評価も高く、初めてエスプレッソを自作するという方におすすめです。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

フラットタイプのタンパーです。木製のハンドルになっていて、土台はステンレス製です。51mmと58mmから選ぶことができます。しっかりコーヒー豆を詰めることができ、美味しいエスプレッソを入れるのに役立ちます。温かみのあるでデザインでおしゃれなタンパーを探している方におすすめです。

この商品の特徴

フラットタイプのタンパーです。木製のハンドルになっていて、土台はステンレス製です。51mmと58mmから選ぶことができます。しっかりコーヒー豆を詰めることができ、美味しいエスプレッソを入れるのに役立ちます。温かみのあるでデザインでおしゃれなタンパーを探している方におすすめです。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

Motta(モッタ)のフラットタイプのタンパーです。土台が直径58mmサイズで、ハンドル部分が持ちやすく波打っているのが特徴的です。マットなブラックがシンプルなデザインになっているので、長く愛用できるアイテムです。モッタのタンパーは価格が比較的高めですが、その分質も高いのでエスプレッソを自作するのにこだわりがある方にも使われている人気のタンパーです。

この商品の特徴

Motta(モッタ)のフラットタイプのタンパーです。土台が直径58mmサイズで、ハンドル部分が持ちやすく波打っているのが特徴的です。マットなブラックがシンプルなデザインになっているので、長く愛用できるアイテムです。モッタのタンパーは価格が比較的高めですが、その分質も高いのでエスプレッソを自作するのにこだわりがある方にも使われている人気のタンパーです。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

フラットタイプのタンパーです。ハンドルがとても低く、しっかり圧力をかけることができるデザインになっています。ステンレスベースで丈夫な作りで、ハンドルは高品質のアルミ製です。58mmの土台で、デザインはシンプルなブラックです。ハンドルが高いと使いづらいという方におすすめです。価格も3,000円前後で販売されているので、手軽に購入できます。

この商品の特徴

フラットタイプのタンパーです。ハンドルがとても低く、しっかり圧力をかけることができるデザインになっています。ステンレスベースで丈夫な作りで、ハンドルは高品質のアルミ製です。58mmの土台で、デザインはシンプルなブラックです。ハンドルが高いと使いづらいという方におすすめです。価格も3,000円前後で販売されているので、手軽に購入できます。

この記事内のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー