かに玉の素のおすすめ8選!アレンジレシピも

かに玉の素のおすすめ8選!アレンジレシピも

カニ玉の素は、かに玉を手軽につくれるおかずの素です。レトルトの具材とあんかけ用の調味料が入った商品が多く、卵2個~3個を用意するだけで、おいしいかに玉を簡単につくれます。また、天津飯やあんかけチャーハンなどにも活用可能です。かに玉のあんに水を加える濃縮タイプと、そのまま使えるストレートタイプがあるほか、味付けも甘酢あんや醤油ベースのあんなど豊富です。その他にも、長期保存できる冷凍タイプや電子レンジで調理できるタイプなどもあります。今回は、かに玉の素の選び方や、大阪王将「かに玉の素」をはじめ、味の素や永谷園、日本食研などのおすすめ商品、かに玉の作り方、豆腐やもやしを使ったアレンジレシピなどを紹介します。

アイキャッチ画像出典:Amazon.co.jp

かに玉の素の選び方

調理方法で選ぶ

調理方法で選ぶ

出典:Amazon.co.jp

かに玉の素には、あんかけの調味料に水を加える「濃縮タイプ」と、そのまま使える「ストレートタイプ」の2種類があります。濃縮タイプは水に溶いて混ぜる必要があり、若干手間がかかります。一方、ストレートタイプは水溶き不要で手間が少なく、より手軽に調理したい方におすすめです。

あんの味付けで選ぶ

あんの味付けで選ぶ

出典:Amazon.co.jp

かに玉の素のあんの味付けは、「関東風」と「関西風」の2種類に大きく分けられます。関東風は酸味のある濃厚な甘酢あんで、関西風は醤油をベースにしたあっさりとしたあんになります。かに玉のあんは、かに玉の味の決め手となるものなので、具材の種類や自分の好みなどにあわせて選びましょう。

使用する卵の数で選ぶ

使用する卵の数で選ぶ

出典:www.photo-ac.com

かに玉の素は、商品によって使用する卵の数が異なりますが、2~3個の卵を使用する商品が一般的です。卵焼きのようなしっかりとした食感を味わいたい場合は、卵2個の商品がおすすめです。一方、ふわふわとした食感を楽しみたい場合や、ボリュームのあるおかずをつくりたい場合は卵3個の商品が適しています。

入っている具材で選ぶ

入っている具材で選ぶ

出典:Amazon.co.jp

かに玉の素の具材は、蟹のエキスだけが入っているものや、本物の蟹肉が入っているタイプなど商品によって様々です。また、歯ごたえの良いたけのこやきくらげ、彩りの美しいにんじんやグリーンピース、旨味のあるしいたけやかまぼこなど、おいしさをアップする様々な食材も豊富に使用されています。

常温保存できるタイプもチェック

常温保存できるタイプもチェック

出典:Amazon.co.jp

かに玉の素には、冷蔵タイプと常温保存タイプがあります。冷蔵タイプは具材が豊富で、あんかけも水溶き不要の商品が多いのがメリットです。ただし、冷蔵庫で保存する必要があるほか、賞味期限も40日程度と短い傾向にあります。一方、常温保存タイプは具材が少なめなものの、冷蔵タイプに比べて保存しやすく、賞味期限も3ヶ月~1年以上と長期に渡るため、使い勝手が良いのが魅力です。

かに玉の素のおすすめ商品比較表

商品

販売サイト

ポイント

調理方法

水溶き

保存方法

内容量

広東風 かに玉 永谷園 広東風 かに玉

具材がたっぷり入ったかに玉の素

フライパン

常温

2人前

ふんわりかに玉の素 味の素 ふんわりかに玉の素

おいしいかに玉を手軽につくれる3点セット

フライパン

常温

2〜3人前

バランス食堂 五目かに玉の素 江崎グリコ バランス食堂 五目かに玉の素

フライパンひとつでOK!簡単調理タイプのかに玉の素

フライパン

常温

2人前

かに玉の素 大阪王将 かに玉の素

醤油ベースのあんかけがかに玉のおいしさを引き立てる

メーカー記載なし

メーカー記載なし

メーカー記載なし

2〜3人前

中華名菜 かに玉 日本ハム 中華名菜 かに玉

人数の多い家庭におすすめの大容量タイプ

フライパン

不要

冷蔵

3人前×2回分

かに玉の素 日本食研ホールディングス かに玉の素

特製ソースでつくったトロトロのあんかけが特徴

フライパン

常温

2〜3人前

ちょっとどんぶり 天津飯 ヒガシマル醤油 ちょっとどんぶり 天津飯

賞味期限1年半以上!長期保存が可能なかに玉の素

フライパン

常温

2食分

どんぶり職人 天津飯の素 テーブルマーク どんぶり職人 天津飯の素

ボイルで簡単調理!冷凍タイプの天津飯の素

ボイル

不要

冷凍

1食分

  • 掲載している参考価格・スペック等の情報について、万全の保証はいたしかねます。詳細な商品情報については、購入前に各メーカーの公式サイト等でご確認ください。
  • 比較表内の空欄部分は調査中です。

かに玉の素のおすすめ8選

出典:Amazon.co.jp

参考価格225円

具材がたっぷり入ったかに玉の素

卵3個を使って仕上げるかに玉の素です。レトルトの具材には、蟹肉やたけのこ、にんじん、かまぼこ、きくらげ、蟹エキスなどが豊富に入っており、様々な食材の旨味や食感を味わえるのが特徴です。また、グリーンピース入りのあんかけの素は、ふわふわのかに玉にたっぷりのとろみと美しい緑の彩りを与えます。熱々のご飯にのせて天津丼にして食べるのもおすすめです。

調理方法
フライパン
水溶き
保存方法
常温
内容量
2人前

具材がたっぷり入ったかに玉の素

卵3個を使って仕上げるかに玉の素です。レトルトの具材には、蟹肉やたけのこ、にんじん、かまぼこ、きくらげ、蟹エキスなどが豊富に入っており、様々な食材の旨味や食感を味わえるのが特徴です。また、グリーンピース入りのあんかけの素は、ふわふわのかに玉にたっぷりのとろみと美しい緑の彩りを与えます。熱々のご飯にのせて天津丼にして食べるのもおすすめです。

調理方法
フライパン
水溶き
保存方法
常温
内容量
2人前

出典:Amazon.co.jp

参考価格1,150円

おいしいかに玉を手軽につくれる3点セット

ふんわりとした食感を楽しめるかに玉の素です。卵をふっくらと仕上げる「ふんわり粉」をはじめ、蟹肉、たけのこ、きくらげ、かまぼこなどが豊富に入った「かに玉の素」、まろやかな味わいの「甘酢あんかけの素」の3点がセットになっています。たったひとつで濃厚なあんが掛かった厚みのあるかに玉をつくれるのが魅力です。

調理方法
フライパン
水溶き
保存方法
常温
内容量
2〜3人前

おいしいかに玉を手軽につくれる3点セット

ふんわりとした食感を楽しめるかに玉の素です。卵をふっくらと仕上げる「ふんわり粉」をはじめ、蟹肉、たけのこ、きくらげ、かまぼこなどが豊富に入った「かに玉の素」、まろやかな味わいの「甘酢あんかけの素」の3点がセットになっています。たったひとつで濃厚なあんが掛かった厚みのあるかに玉をつくれるのが魅力です。

調理方法
フライパン
水溶き
保存方法
常温
内容量
2〜3人前

出典:Amazon.co.jp

参考価格198円

フライパンひとつでOK!簡単調理タイプのかに玉の素

わずか5分で完成する五目かに玉の素です。五目かに玉の素に卵3個を加えて焼き、濃厚な中華あんをたっぷりかけて仕上げます。フライパン一つで簡単に調理できるのが特徴です。また、ご飯をプラスするだけで、たんぱく質、脂質、炭水化物のバランスが取れた食事が一度にとれるのも魅力です。

調理方法
フライパン
水溶き
保存方法
常温
内容量
2人前

フライパンひとつでOK!簡単調理タイプのかに玉の素

わずか5分で完成する五目かに玉の素です。五目かに玉の素に卵3個を加えて焼き、濃厚な中華あんをたっぷりかけて仕上げます。フライパン一つで簡単に調理できるのが特徴です。また、ご飯をプラスするだけで、たんぱく質、脂質、炭水化物のバランスが取れた食事が一度にとれるのも魅力です。

調理方法
フライパン
水溶き
保存方法
常温
内容量
2人前

出典:Amazon.co.jp

参考価格780円

醤油ベースのあんかけがかに玉のおいしさを引き立てる

かにエキスがたっぷり入ったかに玉の素です。「かに玉の素」「液体調味料」「とろみの素」の3点入りで、手軽に本格的なかに玉をつくれます。かに玉の素に卵3個を加えて焼くだけで、ふわふわのかに玉に仕上がるほか、液体調味料ととろみの素をあわせた醤油ベースのあんかけがおいしさを一層引き立てます。ご飯にかけて天津飯としていただくのもおすすめです。

調理方法
メーカー記載なし
水溶き
メーカー記載なし
保存方法
メーカー記載なし
内容量
2〜3人前

醤油ベースのあんかけがかに玉のおいしさを引き立てる

かにエキスがたっぷり入ったかに玉の素です。「かに玉の素」「液体調味料」「とろみの素」の3点入りで、手軽に本格的なかに玉をつくれます。かに玉の素に卵3個を加えて焼くだけで、ふわふわのかに玉に仕上がるほか、液体調味料ととろみの素をあわせた醤油ベースのあんかけがおいしさを一層引き立てます。ご飯にかけて天津飯としていただくのもおすすめです。

調理方法
メーカー記載なし
水溶き
メーカー記載なし
保存方法
メーカー記載なし
内容量
2〜3人前

出典:Amazon.co.jp

参考価格384円

人数の多い家庭におすすめの大容量タイプ

3人前の材料が2回分入ったかに玉の素です。蟹肉やたけのこ、にんじん、きくらげなどが豊富に入った具材に卵3個を加えるだけで、簡単にふんわりとしたかに玉をつくれます。また、醤油ベースのあんかけソースにはしいたけが入っており、旨味と食感を楽しめるのが特徴です。

調理方法
フライパン
水溶き
不要
保存方法
冷蔵
内容量
3人前×2回分

人数の多い家庭におすすめの大容量タイプ

3人前の材料が2回分入ったかに玉の素です。蟹肉やたけのこ、にんじん、きくらげなどが豊富に入った具材に卵3個を加えるだけで、簡単にふんわりとしたかに玉をつくれます。また、醤油ベースのあんかけソースにはしいたけが入っており、旨味と食感を楽しめるのが特徴です。

調理方法
フライパン
水溶き
不要
保存方法
冷蔵
内容量
3人前×2回分

参考価格440円

特製ソースでつくったトロトロのあんかけが特徴

かに風味かまぼこを入れてつくるかに玉の素です。付属の「特製下味粉」に卵3~4個と水、かに風味かまぼこを加えて焼き、上から「特製ソース」でつくったあんかけをたっぷり掛ければ、トロトロとした旨味たっぷりのおいしいかに玉を味わえます。また、天津飯やあんかけチャーハンなどにもおすすめです。

調理方法
フライパン
水溶き
保存方法
常温
内容量
2〜3人前

特製ソースでつくったトロトロのあんかけが特徴

かに風味かまぼこを入れてつくるかに玉の素です。付属の「特製下味粉」に卵3~4個と水、かに風味かまぼこを加えて焼き、上から「特製ソース」でつくったあんかけをたっぷり掛ければ、トロトロとした旨味たっぷりのおいしいかに玉を味わえます。また、天津飯やあんかけチャーハンなどにもおすすめです。

調理方法
フライパン
水溶き
保存方法
常温
内容量
2〜3人前

出典:Amazon.co.jp

参考価格198円

賞味期限1年半以上!長期保存が可能なかに玉の素

卵2個でつくるかに玉の素です。「たまご用調味料」に卵を加えて焼くだけで、ボリュームのあるかに玉に仕上がります。また、鶏がらだしのコクと旨味がたっぷり入ったあんかけを掛ければ、ふわふわな卵の食感とまろやかなあんの味わいを同時に楽しめます。賞味期限が19ヶ月と長く、ストック用におすすめです。

調理方法
フライパン
水溶き
保存方法
常温
内容量
2食分

賞味期限1年半以上!長期保存が可能なかに玉の素

卵2個でつくるかに玉の素です。「たまご用調味料」に卵を加えて焼くだけで、ボリュームのあるかに玉に仕上がります。また、鶏がらだしのコクと旨味がたっぷり入ったあんかけを掛ければ、ふわふわな卵の食感とまろやかなあんの味わいを同時に楽しめます。賞味期限が19ヶ月と長く、ストック用におすすめです。

調理方法
フライパン
水溶き
保存方法
常温
内容量
2食分

出典:Amazon.co.jp

参考価格369円

ボイルで簡単調理!冷凍タイプの天津飯の素

ボイルタイプの天津飯の素です。たけのこ、かにかま、しいたけ、ネギなど豊富な具材が入ったふわふわの卵に、中華味のあんをたっぷりかけて仕上げています。袋を約8分ボイルするだけで手軽に調理可能です。一人暮らしの方の食事におすすめです。

調理方法
ボイル
水溶き
不要
保存方法
冷凍
内容量
1食分

ボイルで簡単調理!冷凍タイプの天津飯の素

ボイルタイプの天津飯の素です。たけのこ、かにかま、しいたけ、ネギなど豊富な具材が入ったふわふわの卵に、中華味のあんをたっぷりかけて仕上げています。袋を約8分ボイルするだけで手軽に調理可能です。一人暮らしの方の食事におすすめです。

調理方法
ボイル
水溶き
不要
保存方法
冷凍
内容量
1食分

かに玉のつくり方

かに玉の素を使うことで電子レンジで手軽に調理できるのが魅力ですが、フライパンだけでなく、電子レンジを使ってもふんわりとしたかに玉をつくれます。

  1. 容器に具材の素と卵を入れて混ぜる
  2. フライパンに油を入れて熱し、具材の入った卵液を入れる
  3. 形を丸く整えながら両面に焼き色がつくまで火を通す
  4. 一旦火を止め、焼いた卵を皿に移す
  5. 同じフライパンに水に溶いたあんかけの素を入れ、とろみが付くまで煮詰める(水溶き不要のタイプはそのまま入れる)
  6. あんを焼いた卵にかけて完成

かに玉の素を使ったアレンジレシピ

天津飯(広東風かに玉どんぶり)

ふんわりとしたかに玉に濃厚な甘酢あんをたっぷりかけた天津飯です。あんかけのグリーンピースが卵の黄色によく映えます。

あんかけ豆腐だんご

フワフワの豆腐だんごにトロトロのあんをかけて仕上げた一品です。ごま油の風味が食欲をそそります。

もやしのあんかけチャンプルー

炒めたもやしに甘酢あんをかけたチャンプルーです。もやしにあんがたっぷり絡んでご飯が進みます。

中華料理の素もチェック

かに玉以外にもチャーハンや麻婆豆腐の素など、様々な中華料理の素が販売されています。選び方やおすすめの商品を紹介しているので、あわせてチェックしてみてください。

この記事の修正依頼を送る

人気記事