揚げ物・天ぷら鍋のおすすめ5選&選び方【カラッと揚がる!】

天ぷら鍋は、家庭で揚げものを調理する際に、美味しく仕上がる設計でつくられた鍋です。他の鍋で代用しているという方も中にはいますが、専用鍋を使うことで、効率よく揚げものをつくることができます。天ぷら鍋には鉄、銅、ステンレス、ホーローなどの素材があり、少量を揚げたいときや一人暮らしに適した小さいものから、たっぷりと揚げることができる大きめのサイズまであるので、目的に合わせて選べます。代用方法や洗い方など、気になることも多いのではないでしょうか。今回は、天ぷら鍋の選び方、人気のおすすめ商品をまとめました。IHに対応しているものや温度計などの便利な機能付きのものもご紹介しています。

天ぷら鍋とは

出典:Amazon

天ぷらなどの揚げ物専用の鍋を天ぷら鍋や揚げ物鍋といいます。深く厚みのある鍋で、天ぷらなどの揚げ物をするのに適した形状になっています。より美味しく揚げ物料理をしたい方におすすめのアイテムです。また、他の鍋だと油は冷めやすいですが、天ぷら鍋では油が冷めにくくなるように工夫されています。

天ぷら鍋の選び方

後片付けが面倒だから自宅で揚げものはしないという方でも、自分にとって使いやすい天ぷら鍋を見つけることができれば、無理なく献立のレパートリーを増やすことができます。天ぷら鍋の選び方をまとめてみました。

人数に合ったサイズを選ぶ

天ぷら鍋のサイズは16cm、20cm、24cmといったように、自分の使いやすい大きさを選ぶことができます。一人暮らしや、お弁当のおかずをつくる際は、コンパクトなものを選ぶと油の量を抑えることができて、節約にも効果的です。家族数人分の揚げものを一度にたくさんつくるという場合は、余裕を持って食材を入れることができるサイズを選ぶと効率が良いです。大きいサイズと小さいサイズを、つくる量に合わせて使い分けるのもおすすめです。

使いやすい材質を選ぶ

天ぷら鍋の素材はさまざまで、それぞれ性質が異なります。まずはそれぞれの特徴を知っておきましょう。

ステンレス製はさびにくくお手入れが楽なので、手軽さを求める方には最適です。また油が劣化しにくく、リーズナブルなのがアルミ製です。洗いものが面倒な方は、焦げ付きにくいホーロー鍋がいいでしょう。銅製や鉄製はお手入れが必要ですが、食材が美味しく揚がります。

熱伝導性が抜群に良い銅製

出典:Amazon

多くのプロに愛用されています。銅は熱伝導がいいため、油の温度が早く適温になります。また、食材を入れて一度は温度が下がっても、すぐに適温に戻ります。そのため、連続して揚げてもカラッと美味しく仕上がります。他の材質よりも高価なものが多いです。

リーズナブルに購入できる鉄製

出典:Amazon

銅の次に保温力に優れた材質です。鉄は蓄熱性が高く、油の温度が下がってもすぐに復活しやすいのが特徴です。また、銅製に比べてリーズナブルな商品が多いです。さびやすいのが弱点でしょう。

さびにくいステンレス製

出典:Amazon

ステンレスとは、合金を伸ばしてつくった金属のことです。軽くて使いやすく、さびにくくて衝撃に強いのが特徴です。保温性が高いので鍋の中身が冷めにくいです。そのため、油に食材を投入する間隔に気を付ければ、揚げものの量が多くても美味しく揚げることができます。熱伝導が悪く、油断していると鍋底が焦げついてしまうことも多いのが難点です。

軽くて使いやすいアルミ製

出典:Amazon

最も油を傷めずに品質を保てる材質です。とても軽く、特別なお手入れも必要ないので、気軽に揚げものを少しつくりたいときに向いています。ただ、温度が安定しにくく、熱伝導率が高すぎるので、いろいろな食材を連続して揚げるのには適しません。

焦げ付きにくいホーロー製

出典:Amazon

鉄やアルミニウムなどの金属でできた鍋の表面に、ガラス質の薬を塗り、高温で焼きつけたものです。密閉率が高いため、熱が逃げにくく焦げ付きにくいです。急激な温度変化や衝撃に弱いというデメリットがあります。

なるべく深さのあるものを選ぼう

揚げ物は、油の量を多くすることによって保温力がアップし、より美味しく揚げることができます。たっぷりと油が入れられるような、深さのあるものを選ぶと良いでしょう。また、浅い鍋だと食材が底にくっついてしまうこともあります。なるべく深いものを選ぶと失敗なく、美味しく揚げることができるでしょう。

鍋の厚さもチェック

鍋に厚みがあると、温度調整がしやすくなり、中までしっかりと火を通すことができます。保温力もアップするので、カラッと揚げることができそうです。

注ぎ口がついているか

出典:Amazon

鍋に注ぎ口がついていると、油を処理するときや、他の容器に移すときに便利です。注ぎ口がついていることで、油が垂れることを防いでくれ、処理が楽になります。

付属品や機能にも注目

出典:Amazon

天ぷら鍋には、揚げるタイミングをつかみやすい温度計付きのものや、フタの裏をバットとして使える機能付きの商品があります。その他にも、揚げもの以外の料理もつくれる天ぷら鍋や、オイルポットがセットになった省スペースのものなど、揚げものづくりのハードルを下げてくれる商品がたくさんあります。

天ぷら鍋はフライパンで代用できる?

出典:Amazon

天ぷら鍋をわざわざ購入しなくても、フライパンなどの鍋で代用は可能です。ただ、天ぷら鍋は基本的に深さがあり、厚みのあるものが多いです。フライパンは深さがないものが多いので、小さめの食材や厚みのない食材を揚げるときにおすすめです。後片付けも、天ぷら鍋に比べて簡単かもしれませんね。

天ぷら鍋の洗い方

カラッとおいしい揚げ物を揚げたあとには、天ぷら鍋をきちんと洗わなければいけません。でも、油でぬるぬるとしてしまいどうやって洗ったら良いのかわからない、という方もいらっしゃるでしょう。揚げ物をした鍋は、お湯で洗ったり、重曹で洗うのがおすすめです。以下のサイトで詳しい洗い方が紹介されています。ぜひ参考にしてみてください。

天ぷら鍋のおすすめ5選

最安値2,872円(税込)

4.29(585件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

商品について

コロンとした見た目がかわいらしい、温度計付きの天ぷら鍋です。フタ裏には網がついているので、揚げ物の油切りができ、余分な油は鍋に戻すことができる設計になっています。鉄製でIH対応です。洗い物を減らしたい方におすすめです。

最安値3,209円(税込)

4.20(168件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

商品について

取り外し可能なフードをセットすると、油の飛び散りを減らすことができます。温度計付きのホーロー製天ぷら鍋です。内面が白色なので、揚げ加減をつかみやすいです。お手入れがラクチンと評判です。

最安値2,657円(税込)

4.35(406件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

商品について

天ぷら鍋とオイルポットがセットになった便利な商品です。油処理が面倒という方でも扱いやすく、省スペースなので、買い替えを検討中の方におすすめです。

最安値1,536円(税込)

3.98(238件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

商品について

シャープな見た目で、ガス・IHに対応している天ぷら鍋です。深さがあって容量たっぷりなので、油ハネを軽減することができ、カラッと仕上げることが可能です。注ぎ口があるので、油をオイルポットに移し替えやすいです。

最安値1,367円(税込)

4.22(507件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

商品について

片手タイプでコンパクトな鉄製の天ぷら鍋です。少量の揚げものや、お弁当のおかずづくりに活躍します。安全性が高いSGマーク付きで、表面にシリコン加工を施してあるので、お手入れも簡単です。200VのIHを含む、すべての熱源に対応しています。

まとめ

いかがでしたか?家庭に合った天ぷら鍋で、揚げものを定番メニューにしましょう!

おすすめ記事