オリーブオイルのおすすめ12選!国産やトルコ・ポルトガル製も紹介

オリーブオイルというとパスタなどのイタリア料理を思い浮かべる方が多いかもしれませんね。特別なレシピじゃないと出番がないと思いがちですが、ダイエットや美肌効果など健康面にもメリットがあるので、普段使いにもおすすめです。今回は、ピュアオリーブオイルとエキストラバージンオイルの違いや、トルコやイタリアなどオイルの産地についての解説、カルディや国産のオイルなど、人気のおすすめ商品をご紹介します。

ヘルシーでおいしいオイルがほしい

日本の食卓にもかなり浸透してきたオリーブオイルですが、様々な種類や効能があるのはご存知ですか?オリーブオイルを、スーパーでなんとなく選んでいる方も多いのではないでしょうか。オリーブオイルは、国際オリーブオイル協会の基準で「オリーブの木の果実だけから採取した油で、溶剤を使用したり再エステル化処理によって得られた油、ならび他のいかなる種類の油も一切含まない油」と定義されています。つまり、オリーブオイルは、加熱などの処理がされていないオリーブの実100%のオイルなのです。加工されないので、果実本来のビタミンやミネラルなどがそのまま含まれ、ヘルシーでおいしいオイルとして世界中の人に愛されています。

オリーブオイルに期待できる効果

美肌効果

オリーブオイルには、クロロフィルという色素成分が含まれています。クロロフィルは、体内の毒素を排泄するデトックス作用が期待できる成分です。そのため、ニキビや吹き出物などの炎症を抑える効果が期待できます。

肥満防止・コレステロール低下

オリーブオイルはオレイン酸が豊富に含まれています。オレイン酸は満腹中枢をよく刺激するため、食事の量を減らしても満足しやすくなると言われています。食前にスプーン一杯のオリーブオイルを摂取するオリーブオイルダイエットと呼ばれるものもあります。また、オレイン酸は悪玉コレステロールを減少させ、善玉コレステロールを増加させる作用があるといわれています。

整腸効果

オレイン酸は、小腸で消化吸収されにくいという性質を持っています。そのため、大腸に届きやすく腸にほどよい刺激をしてくれます。腸が刺激を受けることで動きが活発し、便秘の解消に効果があると言われています。

アンチエイジング効果

オリーブオイルは、ビタミンEやポリフェノールなどの活性酸素を抑制する成分が豊富なので、アンチエイジングにもおすすめの食品です。

オリーブオイルの種類

よく日本で販売されているオリーブオイルには、ピュアオリーブオイルとエクストラバージンオリーブオイルという2種類のオイルがあります。製造過程が異なるので、風味や味などに違いがあります。

ピュアオリーブオイル

一般的に「オリーブオイル」としか表記のないものは、ピュアオリーブオイルにあたります。ピュアオリーブオイルとは、精製されたオリーブオイルと、バージンオリーブオイルをブレンドしたものを指します。エクストラバージンオリーブオイルと比較すると、リーズナブルに購入できますが、精製されたオイルの量が多いので香りが薄く、オリーブの味を感じにくいという特徴があります。そのため、炒め物や揚げ物などの加熱調理に使われることがほとんどです。

エクストラバージンオリーブオイル

出典:Amazon

エクストラバージンオイルは、酸度が0.8%以下で、風味が良いと判定された最高級のオイルを指します。風味や味だけでなく、オレイン酸やビタミンE、ポリフェノールなどの栄養素が豊富に含まれているのも特徴です。風味の良さから生食用とされることがほとんどですが、加熱しても問題はありません。エクストラバージンオリーブオイルの良さを最大限に楽しむなら、生食が向いているということです。

オリーブオイルの選び方

どんな料理をつくるかで選ぶ

炒め物・揚げ物などの加熱料理は「ピュアオリーブオイル」

出典:Amazon

ピュアオリーブオイルは、エクストラバージンオリーブオイルのような豊かな風味はありませんが、炒め物や揚げ物に使うとおいしく食べられます。特に揚げ物をする場合におすすめです。オリーブオイルは、サラダ油に比べると素材の中に浸透しにくく、熱を通しやすいという性質があります。そのため、揚げ物が油っぽくならずさっぱりと食べられるので、揚げ物をヘルシーにおいしく食べることが可能です。

生食で風味を味わうなら「エクシトラバージンオリーブオイル」

風味が豊かなエクシトラバージンオリーブオイルは、ドレッシングやパスタの仕上げにふりかけるなど、加熱せずに食べるのがおすすめです。エクストラバージンオリーブオイルは、加熱すると香りが消えてしまったりするので、加熱用にはピュアオリーブオイルを使うようにしましょう。

使いきれるサイズのものを選ぶ

オリーブオイルは、開封するとどんどん酸化が進んでいきます。そのため、大きなサイズのボトルを選ぶと使いきるまでに時間がかかり、せっかくの香りが飛んでしまうということもあります。そのため、開封したあと短期間で使い切れるものを選ぶのがおすすめです。

酸化しにくいボトルを選ぶ

出典:Amazon

オリーブオイルのボトルの素材にも着目しましょう。特に、繊細なエクストラバージンオリーブオイルは、蛍光灯の光でも酸化してしまうので、緑や黒などの遮光効果のあるボトルに入っているものを選びましょう。また、安価なオリーブオイルはプラスチック容器に入ったものもありますが、ペットボトルは酸素を通しやすく劣化が進みやすいので、ガラス容器のもを選ぶのがおすすめです。

本物かどうかラベルの記載をチェック

実は、日本では偽物のエキストラバージンオリーブオイルが販売されていることもあります。偽物というと悪意を感じてしましますが、世界と日本のエキストラバージンオリーブオイルの基準が異なるため、日本のエキストラバージンオリーブオイルは、本物のエキストラバージンオリーブオイルではないと言われているのです。偽物を避けるには、収穫時期や原産国(地域)、オリーブの品種についての記載があるかチェックしましょう。もし、詳細が書かれていなければ、そのオイルは偽物である可能性が高くなります。

原産地で選ぶ

出典:Amazon

生産量が世界で一番のスペイン産

スペインのオリーブオイルの特徴は、風味がまろやかな点です。きちんと熟成したオリーブの実からオイルをとっているので、そのまま飲んでも平気なほどのまろやかさが特徴です。

オリーブの品種が多いイタリア産

イタリアは、オリーブオイルの生産量が世界第2位です。イタリアでは、様々なオリーブの品種が栽培されているので、オリーブオイルの風味や特徴も実に様々です。生産地や生産者によって特徴が異なるので、色々試してみるのも面白いかもしれません。

価格は高いが品質の良いギリシャ産

ギリシャ産のオリーブオイルは、上品で豊かな風味が特徴的です。銘柄によっては高価なものもあり、オリーブオイルのシャンパンと例えられたこともあります。なかなか手が出ない価格のものもありますが、とっておきのオイルを探している方にはおすすめです。

比較的安価なのに味が良いトルコ産

トルコ産のオリーブオイルは、えぐみ味や苦味などの雑味が少なく、すっきりとした風味なのが特徴です。また、品質が高く安値で手に入りやすいので日本でも人気のある産地です。

価格で選ぶ

オリーブオイルの価格は商品によって様々なので、価格と品質のバランスを考え、予算を決めておくと良いでしょう。ピュアオイルは比較的安価ですが、エキストラバージンオリーブオイルだと数百円のものから数万円のものまで実に様々です。ワンランク上のおいしいエキストラバージンオリーブオイルを選ぶなら、原産国やオリーブの種類などが明記された2~3千円以上のものを選ぶのがおすすめです。

オリーブオイルの使い方

加熱用の油として

炒め物や揚げ物の油として、サラダ油の代わりにピュアオイルを使うことができます。ピュアオイル自体はオリーブの風味が強いわけではないので、食材や料理を選ばず使えます。野菜炒めやフライなどの油に使ってみてください。

調味料として

ドレッシングやカルパッチョ、オイル漬けなどには、エキストラバージンオリーブオイルがぴったりです。特にカルパッチョにはなくてはならない存在であり、シンプルな味付けだからこそ、オリーブオイルの風味が料理の味を左右します。シンプルに生食するときこそ、こだわりのおいしいオリーブオイルを使ってみてください。

オリーブオイルの保管方法

オリーブオイルは、開封後はどうしても酸化が進んでしまいます。長くおいしく食べるためにも保管方法には気をつけましょう。15〜20℃くらいの冷暗所での保管がおすすめです。気温が低い場所におくと、結晶化して風味が損なわれるので、冷蔵庫には入れないでください。また、油なので、火気のあるところや高温になる場所も避けましょう。

オリーブオイルのおすすめ12選

最安値842円(税込)

4.80(10件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値1,728円(税込)

4.20(38件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値1,859円(税込)

4.70(36件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値4,517円(税込)

4.70(10件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値1,920円(税込)

3.00(2件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値861円(税込)

4.10(31件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値1,071円(税込)

4.35(510件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値854円(税込)

4.20(72件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値1,580円(税込)

4.20(1,605件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値2,138円(税込)

4.10(311件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値2,147円(税込)

5.00(1件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

まとめ

オリーブオイルはおいしいだけでなく、身体にも良いので日常的に摂りたい食品のひとつです。様々な種類のオイルがあるので、ぜひあなたのお気に入りのものを探してみてください。

おすすめ記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー