ジンギスカン鍋のおすすめ5選!一人用タイプも

ジンギスカン鍋のおすすめ5選!一人用タイプも

ジンギスカン鍋は、羊の肉を焼くための専用の鍋です。真ん中が盛り上がったドーム型で、端には溝がついているため、羊の肉の脂が落ちやすくなっています。バケツ型のコンロと一緒に売られている商品は、面倒な火起こしをしなくて良いため、アウトドアで使う時におすすめです。今回は、ジンギスカン鍋の選び方やおすすめ商品を紹介します。

ジンギスカン鍋とは

ジンギスカン鍋とは

出典:Amazon.co.jp

ジンギスカン鍋とは、ジンギスカンをする専用の鍋のことです。ジンギスカンは北海道が有名なため、上がドーム状になったジンギスカン鍋のことを北海道型と呼ぶこともあります。アウトドアでは、面倒な火起こしをせずに済むバケツ型のコンロと一緒に売られていることもあります。ジンギスカン鍋は通販の他、羊肉販売店やニトリなどのホームセンターでも購入することができます。

ジンギスカン鍋の選び方

サイズで選ぶ

サイズで選ぶ

出典:Amazon.co.jp

ジンギスカン鍋の大きさは、特に決まってはいませんが、販売されているものは、25㎝~30㎝のものが多いようです。ジンギスカンを食べる人数や食卓の大きさなどによって選びます。目安としては28㎝前後のもので3~4人分です。

素材で選ぶ

肉に火が通りやすい鉄製

肉に火が通りやすい鉄製

出典:Amazon.co.jp

もっとも一般的なジンギスカン鍋は鉄でできています。ジンギスカンは、普通の焼き肉と違って野菜の量が多い料理です。そのため肉に熱を伝えるには、高い熱伝導率が必要になります。鉄は熱をしっかりと伝えられるだけでなく、保つ力もあります。肉や野菜にしっかりと熱を通しながら、その熱を保つので肉にも野菜にも充分な火を通すことができます。ただし、鉄の鍋は使う前に「ならし」が必要です。

手入れがしやすい加工アルミ製

手入れがしやすい加工アルミ製

出典:Amazon.co.jp

テフロンなどで加工がされたアルミニウム合金なら、鉄のようにならしをしなくても使えます。肉が鍋にこびりつくこともほとんどありません。手入れがしやすいので、他の食器や鍋と同じように取り扱えそうです。ジンギスカンに必要な熱伝導率も高く省エネです。

肉が焦げづらいホーロー製

肉が焦げづらいホーロー製

出典:Amazon.co.jp

ホーロー加工がしてあるジンギスカン鍋もあります。使い方は他の素材と同じです。ホーロー加工がしてあると、肉が焦げ付きにくくなります。表面がツルツルとしているので、手入れも比較的簡単です。ホーロー加工の内側には鋼板が入っているので、熱も伝わりやすいです。

IH対応がどうかもチェック

IH対応がどうかもチェック

出典:Amazon.co.jp

ご自宅のコンロがIHの場合に使えるIH対応のジンギスカン鍋もあります。ジンギスカン鍋は熱の伝わりかがとても大事です。IHコンロで使う場合は、IHに対応していないと肉や野菜に正しく熱を伝えることができません。お使いのコンロに合ったものを選びましょう。

カセットコンロ対応かチェック

カセットコンロ対応かチェック

出典:Amazon.co.jp

ご自宅やアウトドアなどで、カセットコンロを使ったジンギスカン鍋を楽しみたいのであれば、ガスコンロ対応のものを選ぶと良いでしょう。カセットコンロは、ガスコンロに比べると火力が弱くなりますが、ジンギスカン鍋は熱の伝わりが良いので、充分楽しめます。

穴あき加工がされていると風味が増す

穴あき加工がされていると風味が増す

出典:Amazon.co.jp

ジンギスカン鍋にはスリットと呼ばれる穴が開いているものと、そうでないものがあります。この穴は、火を直接食材に当てるためのものです。肉に火が直接当たると、炭火焼きのような食感になり、風味も増します。肉の脂が溝に入る前に穴からも落ちるのでヘルシーです。ただし、穴があるジンギスカン鍋はご自宅のガスコンロでは使えません。また、肉や野菜が穴から落ちることもあります。

ジンギスカン鍋の慣らし方

ジンギスカン鍋は、使う前に「ならし」をします。このならしをすることで、鍋に肉がこびりつきにくくなりますし、鍋自体が長持ちするようになります。まず鍋を空焼きにし、中に何も入れずに火にかけて鍋自体を焼きます。鍋の表面から煙が上がったら一度火を消して、鍋に油を薄く敷きしょう。さらにもう一度火にかけて熱したら完了です。ジンギスカン鍋を使う前には、ならしをしておきましょう。

ジンギスカン鍋の洗い方・お手入れ方法

ジンギスカン鍋を使い終わったら、手入れをします。他の鍋とは手入れの仕方が若干異なります。

STEP1:お湯に浸ける

鍋が熱い内にお湯に浸けます。一度鍋が冷めているのであれば、油を敷いて熱してからにしましょう。お湯に浸けたら、焦げ付きが取れやすくなるまで、そのまましばらく置いておきます。

STEP2:スポンジでこする

やわらかくなった焦げ付きを、スポンジやたわしでやさしくこすります。このときに、洗剤は付けません。お湯を使いながら、油を溶かすようにして汚れを落とします。

STEP3:乾かして油を塗る

洗い終わったジンギスカン鍋はしっかり乾燥をさせて、乾いた布で拭きます。ジンギスカン鍋は水気に弱いので、しっかりと拭きましょう。その後、キッチンペーパーなどに染みこませた油を塗ります。この状態で保管をしましょう。

ジンギスカン鍋のおすすめ5選

出典:Amazon.co.jp

スタンダードなジンギスカン鍋です。アルミニウム合金でフッ素加工がされているので、ジンギスカンや他の料理がしやすそうです。焦げ付かないジンギスカン鍋を探している方におすすめです。

スタンダードなジンギスカン鍋です。アルミニウム合金でフッ素加工がされているので、ジンギスカンや他の料理がしやすそうです。焦げ付かないジンギスカン鍋を探している方におすすめです。

出典:Amazon.co.jp

ホーローのジンギスカン鍋です。七輪やカセットコンロを使って、アウトドアでのジンギスカンを楽しめます。表面がなめらかで手入れもしやすそうです。使う場所を選ばないジンギスカン鍋が欲しい方におすすめです。

ホーローのジンギスカン鍋です。七輪やカセットコンロを使って、アウトドアでのジンギスカンを楽しめます。表面がなめらかで手入れもしやすそうです。使う場所を選ばないジンギスカン鍋が欲しい方におすすめです。

ジンギスカン鍋のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー