レトルトハヤシライスのおすすめ10選!アレンジレシピにも

レトルトハヤシライスのおすすめ10選!アレンジレシピにも

レトルトハヤシライスは、お湯やレンジで温めるだけで、サッと食べられるハヤシライスです。新宿中村屋などの有名洋食店のもの、こども向けのもの、低カロリーのものなど様々な種類があります。レトルトハヤシライスは、ご飯にかけるだけでなく、パスタソースなどにも簡単にアレンジすることができます。今回は、レトルトハヤシライスの選び方、おすすめ商品をご紹介します。

ハヤシライスの基礎知識

名前の由来について

ハヤシライスの「ハヤシ」の由来は、いくつかの説があります。まずは、「ハッシュド・アンド・ライス」や「ハッシュドビーフ・ウィズ・ライス」などの名前が「ハッシ・ライス」になり、それがなまって「ハヤシライス」となった説です。他にも丸善創業者の早矢仕 有的(はやし ゆうてき)が牛肉と野菜のごった煮をつくったという説や、上野精養軒のコックである林さんがつくったカレー粉抜きのカレーライス(林さんのカレーライス)からきているという説などもあります。

ビーフシチューとの違い

ビーフシチューとの違い

ビーフシチューとは、牛肉や大きめにカットした玉ねぎ、じゃがいも、にんじんなどをブイヨンでじっくり煮込み、トマトピューレやドミグラスソース(デミグラスソース)、赤ワイン、塩コショウなどで調味したものを指します。味や見た目には大差はありませんが、ハヤシライスに比べてゴロっとした野菜が入っているのが特徴です。また、ハヤシライスはご飯にかけて食べますが、ビーフシチューはご飯にかけずに食べるのも異なる点の1つです。

レトルトハヤシライスの選び方

こだわりの具材をチェック

こだわりの具材をチェック

レトルトハヤシライスは、具材がふんだんに感じられるものや、ルーに溶け込んでいる具材が少なめものなど商品によって様々です。商品によっては、国産黒毛和牛入り、有機栽培トマト、北海道産玉ねぎ、国産小麦粉などを使ったこだわりを感じるものもあります。高価になりますが、具材を厳選したこだわりの商品を選んでみるのもいいかもしれません。

原材料の内容を確認する

温めるだけで食べられる手軽さが魅力だからこそ、原材料の安全性や余計な添加物が入っていないか気になるものです。パッケージの原材料を見てみると、具材の他に赤ワインやトマトピューレ、バター、小麦粉、醤油、砂糖、香辛料などが入っています。添加物が気になるのであれば、化学調味料の項目数とその内容を必ずチェックしてください。

好みのとろみ具合を選ぶ

レトルトハヤシライスの「とろみ」は商品によって異なります。パッケージに「コク深い」と書いてあったり、食べる際に色の濃さや味の深みが感じられると、とろみも強い傾向があります。とろみの加減は個人の好みがあるため、食べ比べて自分好みを見つけてみてください。

内容量を確認する

レトルトハヤシライスは1食あたり200gほどのものが多いです。商品によっては、子ども用に1食70gと食べきりサイズ、たくさん食べたい方に300gと大盛りのサイズなど内容量が異なってきます。商品を選ぶ際にグラム数を重視することは少ないかもしれませんが、自分の食べたい量に合った商品を選ぶようにしましょう。

味も重視しよう

味も重視しよう

出典:Amazon.co.jp

レトルト食品は手を加えずに食べることが多いため、味は重要なポイントの1つです。トマトの味わいが強いものは、適度な酸味を感じ、ややあっさりとしている傾向があります。食欲がわかない季節にもぴったりです。対して濃厚なドミグラスソースをふんだんに使っているものは、コクがある深い味わいであることが多いです。他にも焦がしバターやパルミジャーノ・レジャーノなどを加えた商品もあります。食べ比べて、お気に入りを見つけてみてください。

好みの銘柄で選ぶ

好みの銘柄で選ぶ

出典:Amazon.co.jp

レトルトハヤシライスを選ぶのに、困ったら好みの銘柄で選ぶのも1つの手です。レトルトハヤシライスは、ハウスや明治、S&Bなどの大手食品メーカーの商品が一般的です。その他にも、老舗レストランの新宿中村屋や名店ステーキハウスのキッチン飛騨などの、こだわりの感じられる商品もあります。自身の好みに合わせて選んでみてください。

カロリーもチェックしておこう

カロリーもチェックしておこう

出典:Amazon.co.jp

レトルトハヤシライスのカロリーを比較してみると、170kcal~300kcalほどと幅広いことが分かります。ただし、注意したいのは1食分のグラム数が商品によって異なるということです。カロリーを気にする方は、カロリーだけを比較してカロリーが少ないものを選ぶかもしれませんが、そもそも量が異なることがあります。そのため、量とカロリーのバランスを考えながら選びましょう。最近は1食80kcalや100kcalなどカロリーオフの商品も増えているため、低カロリー商品を探している方はぜひチェックしてみてください。

ハンバーグなどにアレンジもできる

ハンバーグなどにアレンジもできる

ハヤシライスのルーは、パスタソースやハンバーグソースにもアレンジして使うことができます。他にもオムハヤシやラザニアなどの洋食にぴったりです。オムハヤシをつくりたいときに、ハヤシルーまでいちからつくると時間がかかりますが、レトルトを取り入れることで時間の短縮ができます。手の込んだ料理を楽につくりたい方は、レトルトを上手に取り入れてみてください。

レトルトハヤシライスのおすすめ10選

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

コクと旨味が効いた「銀座カリー」のレトルトハヤシライスです。一晩かけた特製のブイヨンスープで、牛肉や香味野菜を煮出しています。旨味の効いた具材とじっくり煮込んだデミグラスソースが絡むことでより美味しくなっています。ロールキャベツなどのアレンジレシピにもおすすめです。

この商品の特徴

コクと旨味が効いた「銀座カリー」のレトルトハヤシライスです。一晩かけた特製のブイヨンスープで、牛肉や香味野菜を煮出しています。旨味の効いた具材とじっくり煮込んだデミグラスソースが絡むことでより美味しくなっています。ロールキャベツなどのアレンジレシピにもおすすめです。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

トマトペーストを使用したレトルトハヤシライスです。しっかりと炒めた玉ねぎが酸味のあるトマトペーストにマッチすることで、独特の旨味を味わえます。トマトペーストのタイプを探している方におすすめです。トマトペーストなため、ハヤシライスとしてだけではなく、パスタなどにかけて使えるのもポイントです。

この商品の特徴

トマトペーストを使用したレトルトハヤシライスです。しっかりと炒めた玉ねぎが酸味のあるトマトペーストにマッチすることで、独特の旨味を味わえます。トマトペーストのタイプを探している方におすすめです。トマトペーストなため、ハヤシライスとしてだけではなく、パスタなどにかけて使えるのもポイントです。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

完熟トマトをたっぷりと使ったハヤシライスです。完熟トマトの旨味や甘味が、トマト本来の酸味とマッチした濃厚なソースになっています。具材には、牛肉・玉ねぎ・マッシュールームが使われており、手軽に具だくさんなハヤシライスを楽しむことができます。

この商品の特徴

完熟トマトをたっぷりと使ったハヤシライスです。完熟トマトの旨味や甘味が、トマト本来の酸味とマッチした濃厚なソースになっています。具材には、牛肉・玉ねぎ・マッシュールームが使われており、手軽に具だくさんなハヤシライスを楽しむことができます。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

老舗洋食レストラン「グリルグランド」の味を再現したハヤシライスです。牛肉や香味野菜に、トマトやワインを加えてじっくりと煮込んだデミグラスソースを使っています。長時間煮込んでいるため、より濃厚なデミグラスソースを楽しみたい方におすすめです。

この商品の特徴

老舗洋食レストラン「グリルグランド」の味を再現したハヤシライスです。牛肉や香味野菜に、トマトやワインを加えてじっくりと煮込んだデミグラスソースを使っています。長時間煮込んでいるため、より濃厚なデミグラスソースを楽しみたい方におすすめです。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

保存料や合成着色料を使用していないハヤシライスです。1パックで100kcalと摂取カロリーが一目で分かるのが嬉しいポイントです。味自体も、炒めた玉ねぎや牛肉がデミグラスソースとしっかり絡んだ濃厚な味わいになっています。外箱に入れたままレンジで加熱ができるので取り出すときにヤケドの心配が少ないです。

この商品の特徴

保存料や合成着色料を使用していないハヤシライスです。1パックで100kcalと摂取カロリーが一目で分かるのが嬉しいポイントです。味自体も、炒めた玉ねぎや牛肉がデミグラスソースとしっかり絡んだ濃厚な味わいになっています。外箱に入れたままレンジで加熱ができるので取り出すときにヤケドの心配が少ないです。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

HEINZ(ハインツ)のハヤシライスです。トマト・玉ねぎ・牛肉・スライスしたマッシュルームを贅沢に使ったハヤシライスになっています。たっぷり入った具材は、赤ワインにトマトや牛肉の旨味が染み込んだソースと絡み濃厚な味わいを楽しめます。

この商品の特徴

HEINZ(ハインツ)のハヤシライスです。トマト・玉ねぎ・牛肉・スライスしたマッシュルームを贅沢に使ったハヤシライスになっています。たっぷり入った具材は、赤ワインにトマトや牛肉の旨味が染み込んだソースと絡み濃厚な味わいを楽しめます。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

リーガロイヤルホテルの味が楽しめるレトルトハヤシライスです。ホテル特製のデミグラスソースには、酸味の効いたトマトがたっぷりと使われています。濃厚なデミグラスソースには、じっくり煮込んだ牛肉や玉ねぎの旨味も味わうことができます。本格的なハヤシライスを楽しみたい方におすすめです。

この商品の特徴

リーガロイヤルホテルの味が楽しめるレトルトハヤシライスです。ホテル特製のデミグラスソースには、酸味の効いたトマトがたっぷりと使われています。濃厚なデミグラスソースには、じっくり煮込んだ牛肉や玉ねぎの旨味も味わうことができます。本格的なハヤシライスを楽しみたい方におすすめです。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

牛肉と国産玉ねぎをたっぷりとつかったハヤシライスです。鶏だしをベースに隠し味として粉末の豆味噌、魚醤を使った和風ソースになっています。塩分控えめなので、健康に配慮したい方にもおすすめです。洋風料理ですが、和風テイストで楽しめるのがポイントです。

この商品の特徴

牛肉と国産玉ねぎをたっぷりとつかったハヤシライスです。鶏だしをベースに隠し味として粉末の豆味噌、魚醤を使った和風ソースになっています。塩分控えめなので、健康に配慮したい方にもおすすめです。洋風料理ですが、和風テイストで楽しめるのがポイントです。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

フォン・ド・ヴォーの旨味と赤ワインでじっくり煮込んだ本格的なハヤシライスです。フライパンで具材を炒めるだけでつくれるので、手軽に本格派のハヤシライスを食べたい方におすすめです。ドリアやオムライスと合わせてアレンジ料理を楽しむのもいいかもしれません。

この商品の特徴

フォン・ド・ヴォーの旨味と赤ワインでじっくり煮込んだ本格的なハヤシライスです。フライパンで具材を炒めるだけでつくれるので、手軽に本格派のハヤシライスを食べたい方におすすめです。ドリアやオムライスと合わせてアレンジ料理を楽しむのもいいかもしれません。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

化学調味料を使っていないハヤシライスです。ソースには、ソテーした肉に、赤ワイン・バター・生クリームを加えてじっくりと煮込み、コクの深い味わいになっています。具材にも、オーブンで焼き上げた香味野菜を使用しているため、素材の味をそのまま楽しめるのも嬉しいポイントです。

この商品の特徴

化学調味料を使っていないハヤシライスです。ソースには、ソテーした肉に、赤ワイン・バター・生クリームを加えてじっくりと煮込み、コクの深い味わいになっています。具材にも、オーブンで焼き上げた香味野菜を使用しているため、素材の味をそのまま楽しめるのも嬉しいポイントです。

レトルトハヤシライスのおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー