振動マシンのおすすめ10選!ドクターエアやアルインコも

SYOSINやドクターエア、アルインコ、BTMのブルブルでおなじみの振動マシンは、フィットネスジムに通わずに体幹を鍛えることができ、痩せる効果はもちろん、腰痛に効くという方も多くいます。使い方は上に乗るだけと簡単なので、健康器具の中でも人気が高いアイテムです。今回は、3Dとシェイカー式の違いや、ダイエット効果がある理由、おすすめの商品を紹介します。マンションに最適なミニタイプや、振動対策のマットつきもあります。

楽して体を鍛えたい

デスクワークの方は、1日のほとんどの時間を座って過ごすのではないでしょうか。運動不足が気になりながらも、なかなか運動をする時間が取れなかったり、仕事が終わった後はぐったりと疲れ果てて運動をする気力がなかったりすることもあるでしょう。そんな方におすすめなのが、1日5分~15分ほどの使用で体を鍛えることができる振動マシンです。テレビを見ながら、そして音楽を聴きながら、振動マシンに乗るだけでトレーニングできるので便利です。運動不足が気になりつつも、運動が苦手な方は必見です。

振動マシンの効果

体幹・筋肉を鍛えられる

1秒間に200~400回、多いものだと600回も振動するマシンの上に立つことで、体感や筋肉を鍛えることができます。野球部の学生がトレーニングのために、電車の中で背伸びをして体を支えるという話を聞いたことがあるかもしれませんが、原理はそれと同じです。揺れるマシンの上で姿勢を保とうとするだけで、特に運動をしている意識はなくとも自然と鍛えられます。立っているだけで筋肉が鍛えられるなんて不思議に感じるかもしれませんが、翌日筋肉痛になる方もいるようです。

姿勢がよくなる

姿勢が悪い原因は様々ですが、その中のひとつに筋力の低下によるものがあるそうです。振動マシンを使えば、体感や筋肉を鍛えることができるため、正しい姿勢を保つ筋肉が発達します。姿勢が良くなると、腰回りや太ももなどの余計な部分に力が加わらないので、体のラインがきれいに整うという説もあります。

血液循環を良くする

体に振動をあたえることで、血流の流れを良くすることができます。血液は体の隅々まで、酸素や栄養素を運ぶ大切な役割を持っています。また、体温を届ける役目もあるので、血流が良くなれば体調が整い、冷えが改善されるなどのうれしい効果も期待できます。振動マシンで筋肉を鍛えることで、リンパの流れが良くなるので、むくみ解消効果も期待できます。

振動マシンの選び方

振動のパターン

振動パターンによって、体にかかる負荷や効果が異なります。これまでの運動経験などによって選ぶと良いでしょう。

3D式

出典:Amazon

3D式の振動パターンは、上下左右にまんべんなく立体的に動きます。必然的に運動量が増えるため、筋肉の強化を求める方におすすめです。また、体を立体的に振動させることで、血液循環が良くなる効果も期待できます。筋肉が鍛えられることで、基礎代謝量がアップするので、長期的な目で見てもダイエット効果が期待できます。

シェイカー式

出典:Amazon

シェイカー式も3D式と同じく、上下左右に振動します。ただ3D式と異なるのは、シェイカー式はまんべんなく動くのではなく、左右交互に振動します。振動が左右のいずれかに偏るため、よりバランス感覚が求められます。そのため、体感を鍛えたい方や、体感を鍛えることで姿勢を改善したい方におすすめの振動パターンです。

バイブレーダー式

出典:Amazon

バイブレーター式は、上下にのみ振動します。この動きによって、有酸素運動をすることができます。カロリーを効率よく消費したい方や、運動不足を解消したい方、体力を維持したい方におすすめです。上下左右に振動する3D式やシェイカー式と比較すると、おだやかな動きとなります。そのため、運動初心者にも良いでしょう。振動によるリラックス効果や、マッサージ効果も期待できます。

使用目的

先ほど説明した通り、振動パターンによって効果が異なります。体力の維持やリラックス効果、有酸素運動が目的の方は、比較的動きが穏やかな振動マシンを、しっかり筋肉や体感を鍛えたい方は、ハードな動きの振動マシンを選ぶと良いでしょう。振動パターンだけではなく、搭載されているプログラムの種類や振動回数によっても体への効果は変わります。

プログラムされているモードの種類

大抵の振動マシンには、複数のプログラムモードが搭載されています。ストレッチ効果がある動きや、脚を鍛える動き、腕を鍛える動きなど、複数の部位を効率的に鍛えられるプログラムが搭載されていれば、トータルでボディバランスを整えることができます。多いものだと9種類ものプログラムが搭載されているので、レベルにあわせてプログラムを変えることもできます。性能と価格は比例する傾向にありますが、トレーニングに慣れてきてからも対応できるよう、モードの種類にも注目して選ぶと良いでしょう。

使用感

出典:Amazon

トレーニングマシンは、楽しく使用できれば簡単に継続することができます。口コミをチェックすると、「お肉がすごく揺れるので効きそう」「お腹まわりが揺れて痒くなるから効果が期待できる」「お風呂上がりに髪を乾かしながら使えるので続けやすい」など、使用感に関する評価も見られました。中には「大した運動量じゃないと思っていたけれど、真面目にやると結構しんどい」と言う声もありました。あらかじめ使用感を確認しておくと、購入後に継続可能かどうかの判断基準となります。

振動回数

振動マシンは、製品によって振動回数が異なります。一般的には1分間で200~400回の製品が多いようですが、中には1分間で600回振動するものもあります。振動数が多いほど運動効果は高まるので、しっかりとトレーニングしたい方は振動回数も確認しておきましょう。マシンによっては振動回数を公表していない製品もあります。その場合は、愛用者の口コミを見ることで、ある程度の運動効果を知ることができます。

耐荷重性

振動マシンは耐荷重が定められていて、少ないものだと80kg程度、多いもので200kgと差が開いています。特にダイエットのために振動マシンを活用したい方は、自分の体重よりも耐荷重が大きいかどうかを確認しておきましょう。

静音性

振動マシンは高速で細かな振動を繰り返すため、機械音がしたり床に響く音が気になったりすることがあります。製品によっては、静音性を追求したつくりのものや、振動を抑えるためにゴムを使用したもの、ゴム製のマットが付いたものなどもあります。特に戸建てではなくマンションやアパートの方は、音がうるさいと好きな時間に使用することができません。静音性についても、しっかりと確認しておきましょう。

大きさ・重さ

振動マシンの大きさや重さは、収納や出し入れのしやすさに関わります。あまりにも大きいと、広い収納場所が必要となりますが、使用場所から離れた場所に収納すると出し入れが面倒になり、次第に使わなくなってしまいます。同様に、重たいと片付けが億劫になり、使用頻度が下がるでしょう。振動マシンの中には、キャスターつきで楽に移動できる製品もあります。収納スペースに見合った大きさ、持ち運べる重たさ、持ち運びが楽になる機能付きかどうかも確認しておくと安心です。

付属品

振動マシンには本体だけではなく、フィットネスにつかえるゴムバンドや、操作を快適するリモコン、床への振動を抑制するゴムマットなどが付属した製品もあります。あらかじめ付属品がついていると、別途購入する手間も費用も減らすことができます。また、製品によっては音楽を聴きながら運動できるものもあるので、気になる方は付属品や運動以外の機能もチェックしてみてください。

その他のダイエット器具はこちら!

今回は振動マシンについて紹介しましたが、この他にも運動効果が期待できる様々なダイエット器具が販売されています。下記リンク先にて、ランニングマシンとステップ台について紹介していますので、併せてご覧ください。

振動マシンのおすすめ10選

最安値13,979円(税込)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値17,800円(税込)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値28,576円(税込)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値29,800円(税込)

4.00(1件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値37,400円(税込)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値54,394円(税込)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

まとめ

振動マシンがあれば、短時間で簡単に体を鍛えることができます。ダイエットや便秘解消に役立ったという声もあるので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

おすすめ記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー